【観光列車】のと里山里海号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
のと里山里海号ヘッドマーク な行

のと里山里海号の簡単な解説

のと里山里海号・七尾駅◆ のと里山里海号は、のと鉄道が運行する観光列車で、JR西日本・七尾線の七尾駅と自社線の穴水駅を結んで運行されている。車両はNT300形で2両存在している。いずれも既存車両の改造ではなく新製車両としてこの状態で登場しており、のと鉄道の意気込みを感じられる。301号車が里山、302号車が里海と名付けられている。

おもに週日に運転される「カジュアルコース」と、土曜・休日を中心に運転する予約制の「ゆったりコース」という2種類があり、スケジュールと予算にあわせて選択することができる。

⇒ カジュアルコース乗車記はこちらから

カジュアルコースは予約不要・自由席ということで利用しやすい反面、お客さんが殺到したら乗れないかという心配が少しある。料金は、運賃を通常通りに券売機で購入し、乗車した後で乗車整理券(300円)をアテンダントさんにお支払することになるので好きな席に座って待てばOK。ちなみに、小学生や未就学児も座席を使用するため乗車整理券の料金が必要。

⇒ のと里山里海号・公式ページ(のと鉄道)

のと里山里海号のヘッドマーク

のと里山里海号HMのと里山里海号には前後ともこちらのヘッドマークが取り付けられている。愛称の「号」の文字の上に描かれている紅色の花は「のとキリシマツツジ」の花。花の見ごろは4月下旬~5月中旬だが、本当の咲き誇る姿を楽しめるのは一週間から10日ほどと短いようだ。その期間には葉っぱが見えなくなるほど密集して咲くということで能登の風物詩の一つと言える。

そして、能登の里海つまり七尾湾の様子を抽象的に描いている。列車は一部座席が七尾湾の景色を意識した配置になっている通り、マリンビューを大きな売りにしており、ヘッドマークデザインにもそれが反映されていると言える。

 

アテンダントさんの心遣い

キャンディーお一ついかがですか

観光列車というものは、車両設備の豪華さもさることながらそこでの心温まる思いが鉄道旅の良さを印象付けるものだと感じる。こののと里山里海号に乗車した際に感じたのがまさにそれだった。

走り始めてしばらくたった頃、アテンダントさんのお一人が小さな籠をもって回ってこられ、「車内が乾燥してまいりましたので、よろしかったらキャンディーをいかがですか」とお声をかけてくださった。

些細なことに思えるかもしれない、このちょっとした心遣いがとても心地よく、「また乗りたいな」とか「乗って良かったな」と思わせるひとことだった。キャンディーを受け取って「ありがとう」と言いながら小さな子供たちの顔がニッコリするのを見ると、本当にこんな小さく見える心遣いが決して小さくないんだなぁと思えた瞬間だった。

(日本海ファクトリー・取材旅行より)

タイトルとURLをコピーしました