ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

快速SL銀河号(釜石線)◆データファイル

SL銀河・宮守川橋梁 か行

寝台急行銀河 ⇒ウエストエクスプレス銀河はこちら

⇒ SL銀河号のヘッドマーク事典はこちら

SL銀河号の簡単な解説

◆ SL銀河号は全線岩手県・釜石線内の、花巻~釜石を結ぶ観光快速列車。SL・C58-239を先頭に、4両の客車が続く編成・・・と言いたいところだが、実は気動車であるキハ141系をつないだものである。もっとも、4両のうち、両端の2両が動力を有し、中間の2両はキサハ(無動力車)である。

SL銀河の客車(気動車)

釜石線でのSL復活運転の歴史は長く、1989年にさかのぼる。愛称は「ロマン銀河鉄道SL(+年号下2桁)」としていたようだが、1995年からはSL銀河ドリーム号として確立されていた。

やがて、岩手県営運動公園に保存されていたC58-239を復活させようとの計画が持ち上がり、2014年4月に実現して現在に至っている。青⇒紺色への段階的グラデーション(なんと8段階)のボディに星と星座が象られたデザインが印象的だ。

SL銀河の客車デザイン

この列車についてもJR東日本の車両デザインを多く手掛けている奥山清行氏が手掛けた。車内もギャラリーやプラネタリウムなど、この列車ならではの仕方で宮沢賢治のイーハトーブの世界を映しだしている。

SL銀河号のデータファイル

【登場時:2014年4月12日】運転区間: 花巻~釜石 (1往復)
・   使用車両:C58 キハ141

【2014年12月6日】SL銀河ナイトクルーズを実施。ライトアップされた宮守川橋梁など「銀河鉄道の夜」をイメージ。
【2020年3月22日】「SL銀河」を用いて聖火の輸送を実施。
【2020年4月8日~5月31日】新型コロナウイルスの影響で予定を取りやめ。
【 同年7月18日】運転再開。

SL銀河ドリーム号の画像

SL銀河ドリーム号D51

・・・・・・・・・・・・・・

SL銀河号がC58-239で運転を開始する前の、D51によるSL銀河ドリーム号。運転したスジは現在のSL銀河号とは全く異なっていた。また、北上発でもあったので、相違点は結構多い。

とはいえ、沿線のおもてなしなどは当時から受け継がれているものも多く、しっかり熟成されてSL銀河号につながったのだろうという印象だ。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

SL銀河特別運行・一ノ関にて

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました