ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

釧網本線(せんもうほんせん)◆データファイル

釧網本線のロゴマーク 路線別ロゴマーク
釧網本線のロゴマーク

釧網本線の簡単な解説

◆ 釧網本線はJR北海道の東部路線で、釧路と網走を結ぶ路線として営業されている。釧路側の分岐点は根室本線・東釧路駅。ローカル線ではあるが沿線には数多くの観光資源がある。

釧路川を中心として広がる釧路湿原は広大な自然を満喫できるエリアとして高い人気を誇り、「釧路湿原ノロッコ」号が運行されている。

もう一つの大自然の観光資源と言えば「流氷」だ。「流氷物語」号という列車が2月を中心に運転されるのが恒例行事となっている。浜小清水駅または北浜駅にて駅のホームから流氷が広がる景色を見ることができるのはこの上ない贅沢体験と言えるだろう。

快速しれとこ号から愛称変更して今も走る列車が快速しれとこ摩周号だが、観光エリアを盛り込みすぎな印象の愛称だ。とはいえ、インバウンド需要などを考えると、それくらいわかりやすくしてあげることも必要なのかもしれない。「知床半島」・「摩周湖」、どちらも道東を代表する観光スポットである。

過去には足湯めぐり号という列車もあった。川湯温泉・摩周温泉それぞれの足湯を楽しむ時間を設けていたユニークな列車だった。

豪華列車が釧網本線を走る!~THE ROYAL EXPRESS~

2020年8月28日~31日にかけて、「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」と銘打ち、東急が運行する伊豆急行2100系8両編成のうち2・3・7号車を除く5両を、JR北海道のディーゼル機関車2両で牽引し、電源車を加えた編成で北海道を広くめぐる。その中の一つに「釧路・知床」エリアも含まれており、釧網本線・知床斜里駅にも立ち寄る。

釧網本線のデータファイル

【登場時:】運転区間:網走~釧路
・   使用車両:(両)

【】
【】
【】
【】
【】
【】

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

 

タイトルとURLをコピーしました