ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

臨時急行アルペン号◆データファイル

ボンネット型・急行HM
急行と記したこのHMはおそらく急行アルペンにのみ使用されたもの。

⇒ 急行アルペン号のヘッドマーク事典はこちら

急行アルペンの簡単な解説

◆ 急行アルペンは大阪~富山を米原経由で結んでいた臨時急行列車。

1975年3月改正以降登場し、下り列車は大阪駅を22時過ぎに出発する夜行列車だったが、一方の上り列車は富山を早朝の6時55分発としてスタートした昼行列車だった。しかしながらあまりにも朝早すぎる時刻設定があだとなったのか、約2年後以降は午後の時間帯の14時ごろに富山を発車する設定に変更された。

大きな転機を迎えたのは1985年。下りだけでなく上り列車も夜行の時刻設定となったことに加え、それまで客車編成で運転されていた急行アルぺン号が特急型の485系電車に変更された。しかも1988年春までは特急雷鳥号と同じ車両で和式グリーン車だんらんを連結するという破格の編成を使用していた。その後も臨時急行として活躍していた急行アルペンだが1992年11月ついにその活躍の最後を迎えた。

とはいえ、その後485系を使用した夜行列車「急行リゾート立山」「シュプール立山」が大阪~立山(富山地方鉄道)間に運転され、とりあえずはバトンの引継ぎが行われたと言えるだろう。

臨時急行アルペンのデータファイル

【初代登場時:1971年10月1日】運転区間:大阪→金沢→直江津→長野→大阪(逆回りも)
・   使用車両:おそらく旧型客車(ハ座10両)
・   牽引機:EF58 DD51 EF62 EF81 EF70 DD50
【1972年6月25日】初代(循環急行)の最終運転日。

・・・・・・・・・・・・・・

【2代目登場時:1975年3月20日】運転区間:大阪~富山
・   使用車両:14系座席車(12両)※12系を使用したケースもあるようだ。

【1985年2月11日】客車での最終運転。
【1985年3月15日】485系に変更して運転開始。サロ481-500「だんらん」連結の編成。
【1988年10月10日】「だんらん」連結の最終日。
【 12月23日】10両から9両に減っての運転開始。
【1992年11月20日】ラストラン。
・・・・・・・・・・・・・・
【1992年7月17日】リゾート立山号運転。
【1994年1月7日】シュプール立山号運転。485系3両編成。【1995年4月28日~96年11月25日】リゾート立山号を681系で運転。
【1997年1月10日~3月14日】シュプール立山号に681系を使用(3両)
【1997年4月25日~11月2日】リゾート立山号を485系で運転。これにて終了。
【1998年1月9日~3月13日】シュプール立山号を485系で運転。これにて終了。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました