夜行普通山陰号◆トレインマーク&データ!

夜行普通山陰号の簡単な解説

◆1975年~1985年にかけて「山陰」という愛称をつけて京都~出雲市(386.2㎞)を走った夜行列車。下りは11時間44分、上りは10時間15分で結んでいた(1980年)。この種の夜行普通列車に多いことだが、ある区間では最終列車、始発列車としての役割を担い、夜行列車としての役割に加えてローカル輸送にも貢献していたようだ。したがって利用率はある程度高い状態を維持していたと言われる。下り列車に関していえば、大阪発の急行だいせん号と福知山で接続し、先を急ぐという使い方もあったとか。

スポンサーリンク

◆夜行普通山陰号の画像

夜行普通山陰・山陰号は荷物車と寝台車を含む、旧型客車の編成で運転され、最後の1年だけ12系客車化され冷房車となった。その最後の一年はB寝台車の連結は継続されたものの、荷物車は廃止された。
・この列車の源流は戦前から存在した京都~下関の817レ・818レにまでたどることができるが、寝台車を連結した列車に限って言うと1968年10月改正からの京都~出雲市を結んだ列車がルーツと言える。

◆夜行普通山陰号・ある日の編成

【DD51】
【マニ60】【スユニ61】【オハネフ12】【スハフ42】【オハ46】【スハ43】【スハ43】【スハ43】【スハフ42】

◆お役立ちサイトご紹介

・ 【鉄道模型製作用画像】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。床下機器にもご注目!おすすめのサイト。 ●客車点描-一般形客車 ●オハネフ12と普通列車・山陰

・ 【トレインブックス・国鉄型車両図鑑】・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●スハ43系 10系寝台

・ 【客車列車の旅】・・・時刻表が掲載されていますし、出発・到着時の案内放送の音声もあります ●サウンドコレクション・夜行普通列車「山陰」

◆夜行普通山陰号のデータファイル

【登場前:1968年10月】京都~出雲市を結ぶ夜行普通列車に寝台車が連結される。
【登場時:1975年3月】「山陰」という愛称が与えられる。
【1981年9月2日・1982年5月24日】それぞれ、綾部付近・和知付近での橋梁架け替え工事に伴い、東海道本線・福知山線の迂回運転を実施。EF58が牽引する姿が見られた。
【1984年2月1日改正】荷物・郵便輸送の廃止。12系客車化。1両の10系寝台車は継続。
【1985年3月14日改正】廃止。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ジョイフルトレイン】リゾートビューふるさと号◆トレインマーク!…
  2. 特別快速なのはなDX号◆トレインマーク!
  3. 特急しおかぜ号トレインマーク 特急しおかぜ号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 快速みすゞ潮彩号◆トレインマーク!【2017/1/29で運転終了…
  5. 臨時特急しらはま号◆トレインマーク!
  6. SLばんえつ物語◆トレインマーク!
  7. 快速サンライナー号◆トレインマーク!
  8. 快速はまゆり◆トレインマーク(なし)!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 八戸線・うみねこ号HM

ピックアップ記事

PAGE TOP