ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急くにびき号・スーパーくにびき号◆データファイル

か行

⇒ 特急くにびき号のヘッドマーク事典はこちら

特急くにびき号の簡単な解説

◆特急くにびき号。 米子~益田を山陰本線で結ぶ特急列車として1988年から運転、1996年からは鳥取まで運転区間延長、さらに2001年からキハ187系を投入してスーパーくにびき号として運転された。しかし、2003年にスーパーまつかぜ号という愛称に変更することが発表され、特急くにびきの愛称は消滅した。1990年代を中心にキハ181系を使用した特急たちが名を連ね、国鉄型ディーゼル王国となっていた山陰本線の中心部を担っていたが、いまやすっかり様変わりした。

◆特急くにびき号のデータファイル

【登場時:1988年3月13日】
・ ●運転区間:米子~益田  運転本数:1往復  使用車両:キハ181系
【1996年3月16日改正】鳥取発着に変更。
【1997年11月29日改正】特急いなば号を統合。鳥取~米子(1往復)、鳥取~益田(1往復)、計2往復に。
【2001年7月7日改正】キハ187系気動車を投入し、スーパーくにびき号に改称。
・ 3往復増発。鳥取~米子(1往復)、鳥取~益田(2往復)、米子~益田(2往復)。
【2003年10月1日改正】スーパーくにびき号をスーパーまつかぜ号に改称。愛称が消える。

保存

タイトルとURLをコピーしました