特急たざわ号◆トレインマーク!

特急たざわ号の簡単な解説

◆ 盛岡~秋田・青森を結ぶ特急列車として、田沢湖線が電化した1982年から1997年まで運転されていた特急たざわ号。 秋田新幹線の開業まで1年という時期に、田沢湖線を標準軌に変更する工事を行なうため田沢湖線区間が廃止となってしまい、秋田~青森間だけとり残される形になった。485系特急たざわ号だが、田沢湖沿いを通らないため愛称変更することになり、1997年に特急かもしか号となった。現在は特急つがる号となっている。

車両は耐寒仕様の485系1000番代が運用についていた。なお、工事期間中は北上駅~北上線経由~秋田駅というルートで特急秋田リレー号が代役を務めた。新幹線を利用して秋田と首都圏を結ぶリレー特急という意味合いは同じだったが田沢湖沿いを通らなかったため「たざわ」という愛称を使用することはなかった。

*** 画像提供:kogane-turbo様

スポンサーリンク

◆特急たざわ号のトレインマーク

特急たざわ号のトレインマーク
・東北新幹線が盛岡まで開業した1982年に登場したエル特急。それまでは2往復しか設定されていなかったディーゼル急行たざわ号を格上げしたものだが、田沢湖線初の特急としてまず6往復を設定した。トレインマークに注目すると、「L」 のマークが右上についたのが当時としては特急踊り子号の左下に続き、非常に斬新だった。⇒参考コラム記事

田沢湖の風景をデザインしたイラスト・トレインマークだが、文字のフォントが黒岩保美氏による当初のものとは違い、ごくごく普通のものになった。

◆特急たざわ号の画像

特急たざわ号・485系
・当初6往復だった特急たざわ号は、やがて需要が開拓されて9往復、14往復と勢力を伸ばした。使用した車両は485系。交流路線しか走らなかったが、当時本州には交流専用の特急車両が存在しなかったので交直流の485系が運用に就いた。 その需要に対する供給は秋田新幹線こまち号が引き継ぐ形となっている。

◆特急たざわ号のデータファイル

【登場時:1982年11月15日】 ●運転区間:盛岡~秋田  運転本数:6往復  使用車両:485系
【1985年3月14日改正】急行むつ号からの格上げにより区間延長。2往復の運転区間が盛岡~秋田~青森間に。
【1986年11月1日改正】特急むつ号を吸収。盛岡~秋田~青森に3往復となる。盛岡~秋田にも3往復増発⇒9往復に。
【1988年3月13日改正】大増発。盛岡~秋田(9)・盛岡~東能代(1)・盛岡~青森(3)=計13往復に。
【1989年3月改正】1往復増発(盛岡~秋田)⇒14往復に。
【1993年12月】盛岡~秋田~青森の1往復を盛岡~秋田に短縮。
【1995年12月】盛岡~秋田~東能代の1往復を盛岡~秋田に短縮。
【1996年3月改正(秋田新幹線工事)】盛岡~秋田(12往復)を全廃、の盛岡~秋田~青森(2往復)は秋田~青森に短縮して愛称継続。
【1997年3月改正(秋田新幹線開業)】愛称を特急かもしか号に変更。⇒廃止。

保存

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行だいせん号◆トレインマーク&データファイル!
  2. トワイライトエクスプレス瑞風号◆トレインマーク!
  3. 急行土佐号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 特急ホームタウン高崎◆トレインマーク!
  5. 特急たんば号◆トレインマーク!
  6. 特急つばめ号(国鉄)◆トレインマーク&データ!
  7. 特急剣山号HM 特急剣山号◆トレインマーク&データ!
  8. 【京王】ハイキング特急「陣馬」・「高尾」◆トレインマーク

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 特急あすか号のヘッドマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP