さ行

急行シュプール白馬号◆トレインマーク&データファイル

183系貫通型のシュプール白馬HM

急行シュプール白馬号の簡単な解説

◆ 千葉・横浜~南小谷、信濃森上などを結んで設定されていたスキー客向けの臨時急行列車。JR西日本が設定していたシュプール白馬・栂池という列車があったが、全く関連はない。シュプール号の設定当初から設定された古株と言える列車のひとつだ。当初は183系のみを使用する列車だったようだが、遅くとも1994年ごろには185系を使用する列車も登場していた。2000年年始の冬、なんとかミレニアムを迎えることができたシュプール白馬号だが、翌年には突如その愛称が消えてしまった。

2001年始には同じスジで愛称変更しただけのアルペン白馬号が運転された。松本運転所の183・189系9両編成使用列車はおおむね「臨時」表示のヘッドマークだったようだが、幕張所属の183系ではシール貼り付け方式で専用マークが用意されており、華を添えた。とはいえ、その活躍は1シーズン限り、スキー人口の減少と共に役目を終えた。

急行シュプール白馬号のトレインマーク

183系貫通型のシュプール白馬HMここで用意したマークは183系0番代の「正方形に近いタイプ」のもの。他に、183系1000番代など、そして185系のもの、つまりいくらか横長のタイプが存在した。

「シュプール」のロゴタイプはJR東日本のシュプール号シリーズと共通のもの。だが、背景のデザインは意外と異なるデザインになっている。(参照:シュプール信越)イラストに向かって左方向へとどんどん滑降する感じになっているが、他のデザインではスキー板のエッジを効かせて滑っている感じのものが多い。

青空の下にある銀世界の爽快なイメージに、スキーヤーがピンク系の色で描かれて良いアクセントになっている。

急行シュプール白馬号のデータファイル

【登場時:1986年1月】運転区間:千葉~信濃森上  使用車両:183系

【1989年1月】2往復が南小谷に変更となる。
【1990年1月】信濃森上発着の1往復廃止⇒2往復に。
【1990年1~2月】逗子~南小谷で183系使用の「シュプール白馬山麓」号を運転。1シーズン限り。
【1991年1月】3往復に戻し、南小谷行きに統一、津田沼行きを1往復設定。
【1993年1月】津田沼行き廃止、横浜発着を1往復設定。リゾートエクスプレスゆうを使用して平塚~南小谷で「シュプールゆう白馬」を設定(全車グリーン車)。
【1994年1月】千葉~南小谷(2往復)、横浜⇒南小谷、白馬⇒横浜で1往復(185系)設定。
【1997年3月】「シュプールゆう白馬」運転終了。
【1998年1月】千葉~南小谷、横浜~南小谷で各1往復設定
【1999年1月】横浜行きを廃止。よって、千葉~南小谷、横浜⇒南小谷。
【2000年1月】千葉行きを廃止。よって、千葉⇒南小谷、横浜⇒南小谷。正式にこの愛称だったのはこのシーズンまで。

【2001年1月~3月】「アルペン白馬」として運転。1シーズン限り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急サロベツ号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急すずらん号トレインマーク 特急すずらん号◆トレインマーク&データ!
  3. 高速試験用新幹線【STAR21】◆トレインマーク
  4. 北陸新幹線はくたか号◆トレインマーク!
  5. 寝台特急はくつる号◆トレインマーク&データ!
  6. 臨時快速三段峡号◆トレインデータ
  7. 夜行普通山陰号◆トレインマーク&データ!
  8. 快速サンライナー号◆トレインマーク!

カテゴリー

  1. 特急ときわ号・東京駅にて
  2. 萩長門ブルーライナーDE10
  3. 特急しまんと号トレインマーク
  4. 特急立山号HM

ピックアップ記事

  1. 特急マーク図鑑・表紙
  2. 急行能登号トレインマーク
  3. びわこ周遊さくらHM
  4. ボンネット型・急行HM
PAGE TOP