な行

特急能登かがり火◆トレインマーク&データファイル!

能登かがり火号のサイド愛称幕

特急能登かがり火号の簡単な解説

特急能登かがり火681系◆ 金沢~和倉温泉を結ぶ短距離特急能登かがり火号。5往復設定されている。

北陸新幹線の開業に伴って金沢・富山周辺の特急運転形態が大きく変わり、ほとんどの特急列車が金沢駅で分断されることになった。特に能登半島への特急列車は金沢発着の特急能登かがり火号として5往復新設、1往復の特急サンダーバードだけが例外として大阪直通となり、特急しらさぎも名古屋・米原~金沢に統一された。これにより、能登方面の特急列車がほぼ2時間ごとに発着する計画となる。そして、特急料金についても特例が設けられ、サンダーバードで大阪方面から直通で七尾・和倉温泉方面に行く場合と、同じ区間を金沢で乗り継ぐ場合が同じ料金になるようにされた。

七尾線電化前までは、この区間はまさにディーゼル急行王国で、定期列車の急行能登路号をメインに、臨時急行ゆのはな号などが走っていたこともあった。その合間を縫って特急ゆぅトピア和倉号が走っていたが、なぜかこちらが脇役に見えた。電化と共に直通列車がメインになっていた七尾線が再び昔の姿に「電車特急として」戻ったような運転形態となる。2015年10月からは観光特急花嫁のれん号のデビューにより、全く同一の区間に複数の愛称の列車が走ることになる。

スポンサーリンク

◆特急能登かがり火号のトレインマーク

・使用車両は特急サンダーバード号・特急しらさぎ号と共通の681系・683系で、これまでの直通特急と変更はない。同時に登場する特急ダイナスター号にも言えることだが、車両のボディーサイドの愛称幕が新設された。この能登かがり火号のマークは赤系の背景色で幾らか個性を出せはしたが、デザイン性の高いものになるかという期待は残念ながら裏切られた感じだ。

◆特急能登かがり火号のデータファイル

【登場時:2015年3月14日】運転区間:金沢~和倉温泉(5往復) 使用車両:681・683系(6両編成)

【2016年3月26日改正】1往復のみ3両編成に変更。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行中山道トレインが373系電車で走りました
  2. 特急南風号◆トレインマーク!
  3. 特急成田エクスプレス◆トレインマーク&データ!
  4. クルーズトレイン「ななつ星in九州」◆トレインマーク!
  5. 急行なよろ号・快速なよろ号◆トレインマーク!
  6. 特別快速なのはなDX号◆トレインマーク!
  7. 新幹線なすの号・特急なすの号◆トレインマーク!
  8. 急行なにわ号◆トレインマーク&データファイル!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急ライラック号トレインマーク
  2. 特急ソニック号・トレインマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP