ま行

特急水上号◆トレインマーク&データ!

特急水上・黒HM

特急水上号の簡単な解説

特急水上185系◆ 上野~水上を結ぶ特急列車として1997年から運転されている特急水上号。しかし利用者の減少により、2010年12月ダイヤ改正から臨時列車化されて現在に至っている。

この区間とほぼ同じ列車そのものはそれまでにも存在していて、越後湯沢発着の上越新幹線の愛称となった「たにがわ号」が「特急谷川号」として走っていた。また、1969年~1987年の間はそれより少しだけ区間が長い石打発着で臨時特急新雪号が走っていた。つまり、幾つかの歴史の後を受けて名称変更によって特急水上号が誕生した。

★臨時運転情報★

2016~2017の年末年始も185系で運転した。夏の時期の臨時列車としては2012年以来5年ぶりに2017年8月に上下2日ずつ走ったが、651系での運転。以後、2018年年始(上りのみ)の運転も、18~19年末年始も651系。LED表示によるヘッドマークは「臨時」であると思われる。

※画像提供:Koganeturbo様

◆特急水上号のトレインマーク

特急水上・黒HM

 

デザインは上越国境の山々、そして湯気が立ち上る温泉。上野口の185系特急あかぎ特急草津と共通のコンセプトでデザインされたトレインマークだ。黒い背景に下のほうにローマ字表記で愛称、その部分のライン、極太ゴシック体の愛称。良く言えば、シンプルでごちゃごちゃしていない。でも正直言えば非常に味気ないデザインである。

【HM登場】1997年10月

【HM引退】2010年12月(定期列車として)

【HM使用期間】3年2か月

minakami-n

このデザインは特急谷川号からそのまま引き継いだデザインであり、183系電車が臨時で使用されるときのもの。つまり、このヘッドマークを見られる時期は水上温泉郷が賑わう時期といってよい。

愛称が変更になっても全く同じデザインが使用される例というのは他に記憶がない。しかし、185系電車が使用される、通常の運転ではなかなか目にすることができなかった。

 

◆特急水上号のお役立ちサイトご紹介

minakami1●【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●185系200番代シートマップ

●【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●新前橋リニューアル色・クハ185-200

●【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●特急水上号

◆特急水上号のデータファイル

【1997年10月1日改正】新特急谷川号を新特急水上号に変更する形で登場。
【2002年改正】L特急、新特急の種別を廃止し、特急水上となる。
【2004年10月16日改正】特急草津号と新前橋駅にて増解結。
【2007年3月18日改正】全車両禁煙化。
【2010年12月改正】臨時列車化。
【2012年2月改正】特急草津との併結を終了。
【2017年8月改正】臨時列車として651系で運転。

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 快速ムーンライトえちご号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急スーパーまつかぜ号◆トレインマーク!
  3. 快速マリンライナー(北海道)◆トレインマーク!
  4. 快速マリンライナー(本四連絡)◆ トレインマーク!
  5. 急行まつしま号◆トレインマーク&データ!
  6. 特急まりも号・急行まりも号◆トレインマーク!
  7. ムーンライト九州のテールマーク 臨時快速ムーンライト九州号◆トレインマーク&データ
  8. 快速(普通)妙高号◆トレインマーク!

カテゴリー

  1. N700系
  2. 特急ライラック号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 20系寝台急行テールマーク
PAGE TOP