急行まつしま号◆トレインマーク&データ!

急行まつしま号の簡単な解説

◆上野~仙台を結ぶ急行列車として、1985年まで活躍した急行まつしま号。漢字表記の「急行松島」の登場は1954年10月改正時。当初は客車で、後に急行みやぎの、急行青葉に少し遅れて455系統(451・453など)の車両で運転されるようになった。ちなみに、夜行として1963年10月に新設された第2松島から電車投入、そして半年後の1964年3月に453系投入と同時にひらがな表記の急行まつしま号が誕生した。

特急格上げと新幹線開業の影響に次々と呑み込まれていった東北本線系急行群の中にあって、1985年まで存続したことはかなり奮闘した部類と言えるだろう。区間で考えても特急ひばり号が大所帯だった中、それよりも後まで生き残ったのだから驚くべきことだ。

スポンサーリンク

◆急行まつしま号のトレインマーク

急行まつしま号列車サボ・ここで紹介しているのは列車サボのみだが、一時期は結構大型のトレインマークが貫通扉の中央に掲げられていたようだ。急行としての存続期間が30年以上と長く、その地方においては高い知名度を誇っただけあって、鉄道博物館に保存されているクモハ455-1には急行まつしま号のサボが差し込まれている(2012/4の時点)。

◆急行まつしま号のお役立ちサイトご紹介

【トレインブックス・国鉄型車両図鑑】・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●サハ451-30

◆急行まつしま号のデータファイル

【登場時:1954年10月】漢字表記の急行松島として。
・ ●運転区間:上野~仙台  運転本数:1往復  使用車両:10系客車
【1960年6月】急行蔵王号(上野~山形)の併結を開始。
【1963年10月】451系にて増発。
【1964年3月改正】453系電車増備により、すべて電車化。愛称をひらがなの「まつしま」に改称。
【1965年10月1日改正】急行みやぎの号を統合。3往復となる。
【1967年10月】7月に電化した磐越西線の急行ばんだい号の併結列車のひとつに加わる。
【1968年10月1日改正】昼行1往復、夜行1往復をそれぞれ増発⇒5往復に。
【1982年6月23日(東北新幹線大宮開業)改正】変動なし。
【 同年11月15日改正】5往復そのまま存続。
【1984年2月1日改正】一部列車で福島以北を普通列車化。
【1985年3月14日改正(東北・上越新幹線上野開業)】廃止。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 快速ミッドナイト号◆トレインマーク&データファイル!
  2. 観光快速○○のはなし号HM 快速○○のはなし号◆ロゴマーク
  3. 特急文殊トレインマーク 特急文殊号◆トレインマーク&データ!
  4. 急行ましけ号◆トレインマーク(なし)!
  5. 臨時快速ムーンライト山陽号◆トレインデータ
  6. 快速マリンライナー(北海道)◆トレインマーク!
  7. 特急まりも号・急行まりも号◆トレインマーク!
  8. 特急まいづる号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 183系貫通型のシュプール白馬HM
  2. トランスイート四季島
  3. ALFA-Xロゴマーク

ピックアップ記事

  1. 羅臼からの道
PAGE TOP