1980年代改正

【ダイヤ改正資料】1988年(昭和63年)3月13日・4月10日《一本列島》

新幹線 *****************

●東日本

スーパーやまびこ号(通称)2往復設定
やまびこ号(上野~仙台)9往復増⇒33往復
●あおば号(上野~宇都宮) ?増発
あさひ号240km/h運転開始
とき号(上野~高崎・新潟) ?増発

●東海・西日本

ウエストひかり号登場⇒4往復
●新駅設置(5駅):新富士・掛川・三河安城・新尾道・東広島

夜行列車 ****************

寝台特急北斗星号誕生(上野~札幌・3往復:季節列車を含む)
寝台特急日本海1・4号 青森~函館間延長
急行はまなす号誕生(青森~札幌)
寝台特急ゆうづる号 客車列車2往復との電車(季節)列車1往復が廃止⇒電車の2往復のみに。

●寝台特急瀬戸号 宇野発着を高松発着に変更。初の四国入り。(4月10日改正)

在来線昼行優等列車 ***********

●JR北海道

特急はつかり号2往復が青森~函館間延長
快速海峡号誕生⇒8往復

●JR東日本

特急たざわ号4往復増⇒13往復
特急かがやき号登場⇒2往復(長岡~金沢)
特急あずさ号22.5往復を系統整理し、増発(特急かいじ号登場)。
特急あずさ18往復+特急かいじ9往復

●JR東海

特急しなの号6往復増⇒16往復。パノラマG車登場

●JR西日本

特急きらめき号登場⇒1往復(米原~金沢)

●JR四国(4月10日)

特急しおかぜ号・特急南風号を系統調整。
特急しおかぜ号 高松発着から岡山発着に変更⇒5往復。
特急いしづち号 高松発着で新規設定⇒9往復。
特急南風号   高松発着から岡山発着に変更⇒3往復。
特急しまんと号 高松発着で新規設定⇒3往復。
特急うずしお号 11往復新規設定。徳島~高松を基本に、1往復を岡山まで延長。

●JR九州

特急有明号783系投入
●オランダ村特急登場

貨物の主な出来事 ************

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ダイヤ改正資料】1986年11月1日《国鉄最後の改正》
  2. 【ダイヤ改正資料】1989年(平成元年)7月22日
  3. 【ダイヤ改正資料】1989年(平成元年)3月10日・5月1日
  4. 【ダイヤ改正資料】1992年(平成4年)3月14日(九州は20日…
  5. 【ダイヤ改正資料】1998年(平成10年)10月3日
  6. 【ダイヤ改正資料】1993年(平成5年)12月1日《JR東日本》…

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 快速リゾートみのり号のロゴマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP