鉄道コラム

ヘッドマークタペストリーのプレゼントが届きました!

皆さまこんばんは。ずいぶん暖かくなって過ごしやすくなった宮城県ですが、皆さまの所はいかがでしょうか。

さて、今日は弊社代表の松原一己の著書「特急マーク図鑑」の出版を記念してプレゼントをお送りくださったお友達がいらっしゃるのでご紹介したいと思います。

以前、こんな記事を書きましたが覚えていらっしゃるでしょうか。

【愛称別トレインマーク事典】のおもしろい活用法~手芸編~」。

当サイトのトレインマーク画像を活用して素敵なタペストリーを作っていらっしゃる鞍田恵子さんという方がいらっしゃいます。(instagram : @kurarata)

驚くべきはその制作ペースの速さ。昨年の秋には個展まで開かれ、喫茶店をお借りしての展示なども積極的に行なっていらっしゃいます。そちらの活動のインスタはこちらです⇒(https://www.instagram.com/headmark_tapestry

で、その鞍田さんがご自身の作品をお送りくださったのです!!!

そのタペストリーの作品がこちらです。素敵でしょ!

思わず「わぁ~!」と声を上げたスタッフ。鞍田さんご本人はブルー系がお好きでその作品の割合が多いとおっしゃっていましたが、すごく柔らかくて可愛い色選びをしてくださって大感激でした!

寝台特急さくらのヘッドマークにはいろんなバリエーションがあるのですが、このデザインが最も「文字がよく映える」色の組み合わせなんですよ。それに、独特の文字フォントもしっかりと特徴をとらえていらっしゃるんです。

さぁ、どこに飾ろうかなぁ。「お客様によく見てもらえるところがいいかしら・・・」などといろいろ考えているところでございます。

 

 

とりあえず、最初に事務室の壁に飾ってみました。

そうそう、下にフサフサがついていますでしょ。なんと呼ぶのかわたしは手芸をしないのでわからないのですが、とっても触り心地がいいんですよ。そして、見てください。その部分に最初、薄いフィルムが巻かれていたんですけど、留めてあるマスキングテープも同じHMでさくら(同じバージョン)。

とっても細やかな技の完成度(笑)です。

本当に素敵なプレゼント、鞍田さんどうもありがとうございました。そして、「特急マーク図鑑」の素敵な活用法として、より多くの方が知ってくださるといいなぁと思います。「鉄道手芸部」なる活がどこまで広がっていくのか、私たち日本海ファクトリーのスタッフも楽しみにしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 課題克服へ!北海道新幹線が高速化に挑む!
  2. トランスイート四季島の試運転がいよいよ北東北、北海道へ。
  3. 【ブルートレイン】オロネ24形A寝台の車内探検!
  4. 「TRAIN SUITE四季島・鳴子温泉コース」の温泉は鳴子観光…
  5. 【どこトレ】が47路線にまた拡大。どんどん便利に!PC版の使い方…
  6. 【愛称別トレインマーク事典】のおもしろい活用法~手芸編~★10/…
  7. 北海道新幹線の価値向上~北乃shu*kura~その2
  8. 道南いさりび鉄道増収案~まずは話題作りから~

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 特急ときわ号・東京駅にて
  2. 特急こだま号トレインマーク
PAGE TOP