特急ビバあいづ号◆トレインマーク&データ!

特急ビバあいづ号HM

特急ビバあいづ号の簡単な解説

◆郡山~会津若松・喜多方の特急として、1993年12月から2002年まで、シルバー系専用塗装を施された485系6両編成を使用して2往復(+臨時1往復)運転された特急ビバあいづ号。磐越西線を走る唯一の特急として長い間細々と走り続けた特急あいづ号からバトンを受けるように新幹線からのリレー特急の役割に徹した。aizu4

「ビバ」とは、「快活・活発」という意味合いの英語「vivacity」を短縮したもの。当初インビテーションカーと呼ばれる車両が3号車で、沿線の物産を紹介するなどの特徴ある列車だったが、1998年12月からは再び座席車に戻されて輸送力向上を重視する構成になった。後に一時期「あいづ」に名称が戻され、やがて快速に格下げ、「あいづライナー」となった。

現在では「あいづ」を含む名称の定期列車はなくなってしまった磐越西線だが、観光列車として「フルーティアふくしま」が人気を博している。

*画像提供:トレインブックス 様。無断使用・転載 厳禁です

スポンサーリンク

◆特急ビバあいづ号のトレインマーク

特急ビバあいづ号HM・短距離特急ビバあいづ号として新たに設定された際、車両塗装が専用のものになった。イラスト・トレインマークも同時に変更となったが、イラストというよりも車体ペインティングに合わせた「模様」と言った方がよさそうだ。2002年まで、シルバーを基調とした専用塗装の車両で運転していたが、愛称を特急あいづ号に戻すことになり、ビバあいづ号の役目を終えた。

1993年12月1日より郡山~会津若松間の、あくまでも特急としてビバあいづ号が運転を開始した。喜多方駅まで延長運転することもあった。トレインマークの上部にSHUTTLE EXPRESSという表示がある通り、まさに「行って帰ってくる短距離の列車」になってしまった。実際、その距離はわずか64.6㎞だった。

◆特急ビバあいづ号のデータファイル

【登場時:1993年12月1日】
・ ●運転区間:郡山~会津若松  運転本数:  使用車両:485系専用編成
【1998年12月】インビテーションカーを終了。
【2001年7~8月】専用編成の長期検査。約1か月間、青森運転所の国鉄色485系6両で運転。
【2001年12月8日・9日】上野~会津若松で特急あいづ号復活。
【2002年3月23日】土曜日・休日には特急ホリデービバあいづ号に変更。喜多方発着の4往復に。
【2002年12月1日改正】特急あいづ号に名称変更。

保存

保存

保存

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【和風気動車】ほのぼのSUN-IN号◆トレインマーク!
  2. 臨時快速白虎ヘッドマーク 臨時快速白虎号◆トレインマーク
  3. 急行比叡◆トレインマーク&データファイル!
  4. 特急あいづ号◆トレインマーク&データファイル!
  5. L特急ひばり号HM 特急ひばり号◆トレインマーク&データファイル!
  6. 急行深浦号・快速深浦号◆トレインマーク(なし)&データ!
  7. 【観光列車】SL人吉号◆トレインマーク(2009年~)!
  8. 特急あやめ号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

越乃Shu*Kuraのロゴマーク
  1. S-TRAINのトレインマーク
  2. 大船渡線ロゴマーク・ステッカー

ピックアップ記事

  1. 臨時特急ふるさと号トレインマーク
  2. 特急うずしお号トレインマーク
  3. のりば案内・N700
PAGE TOP