ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

特急あい号◆データファイル

⇒ 特急あい号のヘッドマーク事典はこちら

特急あい号の簡単な解説

◆徳島~阿波池田を結んで、1998年4月~1999年3月の間、3往復運転された毎日運転の臨時特急あい号。登場は明石海峡大橋開業と合わせたタイミングだった。特急あい号キハ185系

この愛称には「愛」と「藍」の意味が込められていたらしく、全国的に有名な徳島県の藍(あい)染めとみんなに愛(あい)される列車になる願いが由来だったという。車両はタヌキの顔のペインティングを施したキハ185系専用車両がとてもユニークで話題となった。これは阿波狸合戦に由来する金長たぬきをイメージしたものだった。

しかし話題性があったとはいえ特急剣山号と運転区間が重複していたためわずか1年でその役目を終えた。11か月と数日という短い活躍期間はJR特急最短である。

(画像提供:kogane-turbo様)

特急あい号のデータファイル

【登場時:1998年4月5日】
・ ●運転区間:徳島~阿波池田  運転本数:3往復  使用車両:キハ185系
【1999年3月13日改正】急行よしの川号とともに、1往復が特急剣山号に吸収され、残りは廃止。愛称消滅。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※ 十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

 

タイトルとURLをコピーしました