な行

急行なにわ号◆トレインマーク&データファイル!

急行なにわ号の簡単な解説

◆東京~大阪を結ぶ急行列車として、1956年11月19日改正で登場した。同じ区間にはこの後、急行せっつ号、急行六甲号、急行いこま号、急行やましろ号、急行よど号と続々登場し、合計6種類の愛称の異なる急行が同一区間に設定されるという特殊な状況が見られた。現在の常識であれば一つの愛称で1号~12号と設定されるところだろう。そんな列車群の先陣を切って設定されたのがこの急行なにわ号であり当初はEF58牽引の客車編成だった。

1960年6月1日改正で急行せっつ号が電車で新設された際にはこちらはまだ電車化されず、9か月遅れの1961年3月改正での投入となったので後れを取ったようにも思える。とはいえ、最新鋭の153系電車を使用し、半室ビュッフェあり、一等車もありの12両編成の見事な編成で走るこれらの列車は当時としては十分な迫力だったようだ。

この頃の東海道本線は華やかな時期だったものの、数年後にはもう東海道新幹線の開業を控えるというかなり流動的な時期でもあった。したがってこれら昼間の急行の多くは東海道新幹線開業前後に姿を消していった。その中で最後まで残ったのがこの急行なにわ号であり、名実ともに昼間の東海道急行の代表ということができるだろう。

急行なにわ号のヘッドマーク

急行なにわ号のヘッドマーク

◆大型ウィング形ヘッドマークは東海道本線系の急行や上越線方面の急行によく見られたが、この急行なにわも例にもれずこれを採用している。貫通扉の幅をもしのぐこの大きさは大変誇らしげで、力強さをも感じるものだった。

左右にパタパタとめくることにより愛称の表示を変更することができる点で、省力化にもつながっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行能登路号トレインマーク 急行能登路号◆トレインマーク!
  2. 特急南紀号・ワイドビュー南紀号◆トレインマーク!
  3. 寝台特急日本海号◆トレインマーク&データ!
  4. 臨時急行なるご◆トレインマーク!
  5. 急行日南号◆トレインマーク!
  6. クルーズトレイン「ななつ星in九州」◆トレインマーク!
  7. SLニセコ号◆トレインマーク!
  8. 特急にちりん号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 急行ゆのくに号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 特急スーパーおおぞら号のトレインマーク
  2. 羅臼からの道
PAGE TOP