ま行

快速ミッドナイト号◆トレインマーク&データファイル!

快速ミッドナイト号の簡単な解説

キハ56系快速ミッドナイト号のトレインマーク◆函館~札幌を結ぶ夜行の快速列車で、青函トンネルが開通した1988年の夏から設定が始まった。津軽海峡線の快速海峡号からの乗り継ぎなど、青春18きっぷ利用者から大きな支持を受けていた。キハ27形時代には、指定席料金300円のみでゴロゴロできるカーペットカーがあり、特に人気が高かった。キハ183系化されてからは通常の座席配置(1両は女性専用車両)となったが、ちゃいるどサロンというエリアがあり、その部分だけはカーペット敷きのエリアとなっていた。特急オホーツク号に使用されていた仕様のものらしい。キハ27形時代にも繁忙期にはキハ56形やキハ183系の余剰車両が組み込まれることがあったようだ。

・2016年3月26日改正に先立って急行はなます号が廃止となり、札幌と本州方面を結ぶリレー列車的役割の夜行列車がなくなってしまった。そこで一部のファンが思い出す列車としてこの快速ミッドナイト号が話題に上っているようだ。

スポンサーリンク

◆快速ミッドナイト号のトレインマーク

キハ183系快速ミッドナイト号のトレインマーク
・快速ミッドナイト号のトレインマークには2種類、使用車両に応じたものが存在する。四角い、キハ183系型のものは約2年の使用期間ということで、かなり短い活躍しか見られなかったが、キハ27形・キハ56形に取り付けられていた円形の鉄板タイプのものは10年以上活躍した。

両方を並べてよく比べてみなければ「同じデザインを引き継いだ」と思われそうな両トレインマークだが、文字のフォント、帯の色、星のかかり具合など、異なる点がとても多い。やはり後で作られたキハ183系用の方が精錬されたフォントだという印象を受ける。

◆快速ミッドナイト号のお役立ちサイトご紹介

・ 【鉄道模型製作用参考写真集】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 ●キハ27(ミッドナイト:キハ56・キハ182増結)
・ 【今を走る夜行列車たち】・・・現在はあまり更新されていないようだが、参考画像として貴重な資料。●快速ミッドナイト
・【復刻国鉄色-夜行快速ミッドナイトの旅】・・・実際にご乗車された方のレポート記事。

◆快速ミッドナイト号のデータファイル

【登場時:1988年夏】
・ ●運転区間:函館~札幌  運転本数:1往復(毎日運転の臨時)  使用車両:キハ27形550番代(カーペットカー)・キハ27形500番代(ドリームカー)
【2000年】使用車両をキハ183系気動車に置き換え。
【2001年3月ごろ】季節列車に変更。
【2002年12月1日】廃止。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【富良野線】マイタウン列車ラベンダー号◆愛称幕!
  2. 快速アクティー号◆トレインマーク
  3. SLばんえつ物語◆トレインマーク!
  4. 快速ことぶき号◆トレインマーク(なし)!
  5. 【ジョイフルトレイン】ジパング◆トレインマーク!
  6. 快速萩・長門ブルーライナー号◆トレインマーク(は未制作)
  7. 上志文スキー号◆トレインサボ!
  8. 快速一村一山号◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 広島シティ電車ヘッドマーク
  2. Belles montagnes et mer

ピックアップ記事

PAGE TOP