寝台特急安芸号◆トレインマーク&データ!

寝台特急安芸号の簡単な解説

◆ 新大阪~下関を呉線経由で結んだ寝台特急安芸。1975年(山陽新幹線・博多開業時)に20系客車を使用して登場したが、前身の急行音戸号時代と変わらないスピードであったことや、特徴ともいえた呉線経由でありながら呉線沿線の利用者にとって有効とは言えない時間帯に通っていたことなどの要因から、わずか3年半後の1978年10月に廃止された。なお、呉線経由であったこと以外は寝台特急明星号が役割を引き受けるのに十分な存在だっただろう。また、よく誤解されている「急行安芸・急行あき」からの格上げではないことも添えておきたい。

◆寝台特急安芸号のトレインマーク

寝台特急安芸号テールマーク・イラスト・トレインマークが初めて採用されるようになったゴーサントウ(昭和53年10月)ダイヤ改正で廃止になったため、イラスト・テールマークは存在しなかった。ヘッドマークについては、特急になってからのものは存在が確認できていない。おそらくなかったものと思われる。ちなみに、急行時代には特急と同じ漢字表記の「安芸」号とひらがな表記の「あき」号があり、漢字表記の方は急行東海号や急行なにわ号に見られたタイプのトレインマークが使用されていたようだ。

◆寝台特急安芸号のお役立ちサイトご紹介

★【列車愛称別編成表~「旧型客車のページ」より~・・・「客車」の列車たちにスポットを当てて、その編成と車両の姿をイラスト付きで紹介してくれる、たいへんおすすめのサイト。 ●制作ご計画中

◆寝台特急安芸号のデータファイル

【登場時:1975年3月】急行音戸の特急格上げによる
●運転区間:新大阪~下関  運転本数:1往復  使用車両:20系
《編成》カニ21-ナロネ21-ナハネ20(7両)-ナハネフ21(22)  合計:電+9両
【1977年9月1日改正】24系25形に変更。
《編成》カニ24-オロネ25-オハネ25(7両)-オハネフ25  合計:電+9両
【1978年10月改正】 廃止。

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急あしずり号◆トレインマーク!
  2. 快速アクティー号◆トレインマーク
  3. サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!
  4. 或る列車のトレインマーク 或る列車◆トレインマーク!
  5. ボンネット型・急行HM 臨時急行アルペン号のヘッドマーク
  6. 【ジョイフルトレイン】彩野号◆トレインマーク!
  7. 特急あさしお号◆トレインマーク!
  8. 急行アルプス号◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 寝台特急瀬戸号トレインマーク
  2. 特急すずらん号トレインマーク

PAGE TOP