寝台特急なは号◆トレインマーク&データ!

寝台特急なは号トレインマーク

寝台特急なは号の簡単な解説

nahaef65-kogane◆京都~熊本を結ぶ特急列車として2008年3月まで運転されていた寝台特急なは号。九州に向かうブルートレインとしては2009年廃止の寝台特急富士寝台特急はやぶさ号に次ぐ、末期まで運転されていた寝台特急。関西発に限ると、最も遅くまで単独運転、その後日豊本線を走る寝台特急彗星号の廃止に伴い、寝台特急あかつき号の併結対象となり、編成の短縮、そして同時廃止の運命をたどった。1980年代には全く同じ区間設定の寝台特急寝台特急明星号)が存在した時代があったことで知られる。

・元々この愛称は、琉球新報社と那覇市が1967年当時、『本土に沖縄の名が付く列車を走らせよう!』をスローガンに列車名を公募したものだ。1968年、特急かもめを「なは」に名称変更し、キハ80系の昼行特急として登場したが、後に485系電車化され、さらには583系電車寝台特急へと転身、そしてブルートレインに変更されたことなど、興味深い歴史をたどっている。

・廃止の後、鹿児島県阿久根市の「NPO法人ブルートレイン阿久根」にて宿泊施設として保存・営業していたが、2014年5月末頃に休業、閉鎖になり今日に至っている。保存・維持管理の難しさをつくづく感じさせられる。

※画像提供:KOGANETURBO

スポンサーリンク

◆寝台特急なは号のトレインマーク

寝台特急なは号トレインマーク寝台特急なは号テールマーク
・本州から九州本土までしか走らないのに、沖縄県庁である「なは」という名前は、意味がよくわからなかったが、アメリカの支配下にあった沖縄の返還を願う意味を込めて付けられた後、ずっと変わらず使用され続けたと言うことらしい。関西~九州のブルートレインの中では一番最後まで単独運転をしていたのがこの特急なは。だから、右上の単独ヘッドマークも一番最後まで見られた。左上のマークはブルートレインの最後尾を飾ったイラスト・テールマークだ。ヘッドマークとは「なは」の文字の形が少々異なっている。これと近い配置で583系寝台電車の横長トレインマークも存在した。
寝台特急なは・あかつき号トレインマーク2寝台特急なは・あかつき号トレインマーク1
・関西~九州のブルートレインとしては最後まで走った「なは・あかつき」号。本州で使用されていたのが左のデザイン。EF66の先頭を飾っていたのがほんの昨日のように思える。南国の植物のデザインが白く描かれているが、全体のバランスを考えると主張しすぎないための良いチョイスだと思う。右はJR九州管内で使用されていた複合型トレインマーク。左のものとは異なり、上下分割ではなく、重なり合うタイプのデザイン構成となっている。意外にもごちゃごちゃせず、なかなかいいバランスでまとまっているのではないだろうか。このマークは九州特有の中央にふくらみがある中華なべ型だ。
B寝台2人個室DUETレガートシート
・車両のバリエーションも豊かで興味深い列車だった。レガートシートはあかつき号のものとは異なり、ブルートレインのカラーリングに準じたものとなっていた。

◆寝台特急なは号の画像集

寝台特急なは号・京都駅寝台特急なは号・あかつき号
・上の2枚は京都駅に到着して、次の特急雷鳥号、ワイドビューひだ号に乗る、そんな利用者も見られていた末期。EF66は「まだまだやれるのに」と言っているように見えて仕方がない。それでも、アーバンネットワークの新しい車両たちに囲まれると、いかにも「老兵」に見えてしまう。寝台特急なは号・新大阪駅

・右の写真は1987年の新大阪駅で。まだ車体も鮮やかな青に輝くブルートレインなは。新大阪駅の大きくカーブしたホームで見ると特に、その編成の長さが際立って、これぞブルートレインだと誇らしげに見えてくる。まだまだ将来は安泰と思えたあの頃。運転区間も、末期の熊本ではなく、それよりずっと先の、西鹿児島(現:鹿児島中央)発着だった。

先の写真との細かな相違点を挙げると窓枠の押さえゴムが黒ではなく白いゴムであり、テールマーク周りの白い枠とともに、やはり印象が違っている。また、妻面の一番下をみるとやや下の方まで覆われる形になっているのがわかる。これはこの形式の初期の形状で、ミニスカートならぬ、マイクロスカートと呼ばれる形状で、後に短い形状に変更されていった。

◆寝台特急なは号のお役立ちサイトご紹介

★【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●オハネ25 136 スハネ25 2000番代

★【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●寝台特急なは

★【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●ブルートレインなは

★【列車愛称別編成表~「旧型客車のページ」より~・・・「客車」の列車たちにスポットを当てて、その編成と車両の姿をイラスト付きで紹介してくれる、たいへんおすすめのサイト。 ●制作ご計画中

◆寝台特急なは号のデータファイル

【登場時】1968年10月1日(昼行特急として)
●運転区間:新大阪~西鹿児島  運転本数:1往復  使用車両:キハ80系
【1973年10月1日改正】485系電車化。
【1975年3月10日改正】583系による寝台特急列車となる寝台特急なは号のスタート。
【1984年2月1日改正】寝台客車24系客車に車種変更。
【1986年11月1日改正】受け持ちを向日町運転所(現:京都総合運転所)から鹿児島運転所(基本編成)・熊本運転所(付属編成)へ変更。
【1990年3月10日改正】「レガートシート」連結開始(熊本編成)。
【1991年3月29日改正】上り始発よりB個室寝台「デュエット」を連結開始。
【1992年7月14日改正】上り始発よりB個室寝台「ソロ」を連結開始。「レガートシート」は西鹿児島発着の基本編成へ。
【1995年4月1日】阪神淡路大震災後運休状態だったがこの日から運転再開。
【2004年3月13日改正】九州新幹線の部分開業と肥薩おれんじ鉄道(第三セクター)開業に伴い、熊本駅発着に短縮。
【2005年10月1日改正】「あかつき」と京都~鳥栖間で併結運転開始。運転区間が京都~熊本間となる。「レガートシート」が除かれた。
【廃止時】2008年3月14日
●運転区間:京都~熊本  運転本数:1往復  使用車両:EF66・EF81・ED76・24系客車

保存

関連記事

  1. N700系 新幹線のぞみ号◆トレインマーク!
  2. 急行能登路号トレインマーク 急行能登路号◆トレインマーク!
  3. ななつ星in九州のエンブレム クルーズトレイン「ななつ星in九州」◆トレインマーク!
  4. ニューなのはな号の愛称表示幕 ついにラストラン!ニューなのはな号◆トレインマーク
  5. 中山道トレイン・アップ 急行中山道トレインが373系電車で走りました
  6. 急行日南号テールマーク 急行日南号◆トレインマーク!
  7. 急行のりくら・名古屋駅 急行のりくら号◆トレインマーク&データファイル!
  8. 快速ノサップ号のトレインマーク 急行ノサップ・快速ノサップ号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

TRAIN SUITE四季島号ロゴマーク
  1. 特急花嫁のれん号のヘッドマーク
  2. ひらがな表記LEDヘッドマークすずらん
  3. 特急ゆふ号ヘッドマーク
  4. キハ285系
  5. 寝台特急みずほ号トレインマーク
  6. 特急つばめ号トレインマーク
  7. fujikyu-富士登山電車ヘッドマーク
  8. 特急ゆふいんの森号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 快速くびき野号のトレインマーク
  2. 陸羽東線・奥の細道湯けむりライン
  3. 特急あしずり号トレインマーク
  4. 50i
  5. HB-E210系を後ろから「愛宕駅」
  6. 急行陸中-kgn
  7. TRAIN SUITE四季島号ロゴマーク
PAGE TOP