【近鉄特急】ひのとり~新型名阪特急~◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
特急ひのとり・マーク赤

近鉄特急ひのとり号の簡単な解説

◆ 大阪難波~近鉄名古屋を結ぶ近鉄名阪特急の新型車両として2020年3月14日のデビューを予定している「80000系ひのとり」。愛称からもイメージできる通り、深い艶感のあるメタリックレッドが美しい車両である。コンセプトは「くつろぎのアップグレード」ということで全席にバックシェルを設置して車内の居住性を追求した。全席というのは日本初である。老朽化が見えてきたアーバンライナーに代わる、名阪特急の、または近鉄の新たなシンボル特急となることを期待されている。

ちなみに、大阪難波~近鉄奈良間でも一部の特急に使用することが予定されている。

⇒ 近鉄公式サイト「新型名阪特急ひのとり」 はこちら

80000系ひのとり・トレインマーク

特急ひのとり・マーク黒

特急ひのとり・マーク赤

80000系ひのとり・車両の特徴

【プレミアム車両(両端)】

● 全席バックシェル付きの3列シートに本革を使用。
座席の前後間隔=130cm(比較:アーバンライナーは105cm)
● ハイデッカー構造と前面・側面の大型ガラスによる眺望

【レギュラー車両】

● 全席バックシェル付き
座席の前後間隔=116cm

【その他のサービス】

● ベンチスペース

● カフェスポット
コーヒーサーバー等を設置

● 車内情報表示
大型液晶ディスプレイでリアルタイムの列車運行情報

● 無料Wi-fiによるインターネット接続サービス

タイトルとURLをコピーしました