ひ~ほ

寝台特急北斗星号◆トレインマーク&データ!

寝台特急北斗星エンブレム

hokutosei9

寝台特急北斗星号の簡単な解説

DD51牽引の北斗星・函館駅◆ 上野~札幌間を結ぶブルートレインとして青函トンネル開業と同時の1988年3月13日に登場した寝台特急北斗星号。東海道筋のブルートレインが大きく翳り始めたのとは対照的に、「走るホテル、再び!」というような鮮烈な印象を与える登場だった。その一方で、「北斗星」という愛称の公募順位は意外なほど下位の108位だったという。もっとも、「北斗七星」というのが正式名称の天体をごろよく縮めた名称だからそれも仕方のないことか。寝台特急カシオペアの登場などで設定本数が減り、最上級のグレードでもなくなってしまったものの、プレミアムな列車としての人気は健在だった。

寝台特急北斗星号・電源車・さて、四半世紀以上現役で活躍してきた寝台特急だが、ついに2015年春のダイヤ改正に際し、27年ちょうどでその歴史に幕を下ろした(定期運転の最終は2015年3月13日発)。JR西日本主体のトワイライトエクスプレスとおおむね同じ歩みをしてきたと言えるだろう。

・その後も北海道新幹線の試運転が本格化する前までの臨時列車として運転されてきたが、臨時運転の最終は下り8月21日上野発、上り8月22日札幌発で最後のブルートレインが姿を消してしまった。臨時列車のラストランの日程を告知するのは極めて珍しいことであり、それだけ「最後のブルートレイン」としての注目を集めた証しだといえるだろう。

◆寝台特急北斗星号のトレインマーク

寝台特急北斗星ヘッドマーク hokutosei-t

・寝台特急北斗星のテールマークは、同ヘッドマークと同じコンセプトの基本デザインとなっている。とはいえ、北斗星の文字には微妙な違いがあるようだ。 ブルートレインのテールマークの王道ともいえる配色で、ブルーの背景に白と黄色でデザインされたマークはやはりよく映えるので寝台特急らしさを演出してくれる。 寝台特急北斗星エンブレムJR東日本の車両にはないが、JR北海道の車両にはスペシャル感を高めてくれるエンブレムがある。素敵なリボンをあしらったようなデザインで、豪華寝台としての気品を演出するアイテムだったといえよう。 lobbycar-bs

一方、JR東日本の所有であるオハ25 500番代車(ロビーカー)には専用のステッカーサインが貼られていて、また違った雰囲気でのドレスアップに貢献していた。臨時列車化によってこの車両が再び使用され、最後の日々にはそのサインが北斗星らしさを演出した。

スポンサーリンク

◆寝台特急北斗星号の画像集

hokutosei10 ・寝台特急北斗星号は、定期列車としては最後に誕生し、それでいて華々しくデビューしたブルートレイン。それまで青森行きだった寝台特急ゆうづる号を札幌まで区間延長する形で一気に3往復も設定された。当初は3・4号は季節列車として設定されたがすぐに定期列車化。それでも需要に追いつかず、モノクラス編成の臨時寝台特急エルム号が設定された。 (新製機の塗装が艶めく。テールマークも反射している)

写真提供:K-office様 :♪An’s Railway memo☆様 (無断使用厳禁)

列車名公募においては「北海」が1位だったらしいが採用されず、この名称になった。やはり、夜行列車としてのイメージを前面に押し出したかったのだと思われる。本州内の牽引機関車については、EF81が老朽化したゆえに、貨物専用機EF510が旅客用にリメイクされた500番代が15両新製され、2010年から牽引してきた。ブルートレインカラーで13両・カシオペアカラーで2両新製され、このことが北斗星号の延命につながるだろうかと期待を持った時期もあった。しかし、新製から5年での終焉という現実を考えた時、もしかすると東日本大震災が起こったこともこの結末に影響を及ぼしたのではないかという気がする。 寝台特急北斗星号DD51hokutosei2

・北海道内ではDD51が先頭に立ち、重連で牽引する。1988年の夏、まだ原色のDD51が牽引しる姿も見られていた頃、新旧塗装の競演が見られた。このように、寝台特急色として全体の統一性あるカラーリングに変更されたDD51も北斗星号の誕生時から存在していたが、必要数そろってはいなかったということのようだ。もちろん、途中からはすべて寝台特急カラーで運転され、北海道の旅客用DD51は全機にこの変更が実施された。寝台特急らしい星マークがついていて夜汽車らしい雰囲気が演出されている。

hokutosei15 hokutosei14
・JR北海道所有の車両だけに見られたエンブレムはオリエント急行に倣ったものというだけあって、その豪華さを惹き立てるアイテムとして注目された。乗客の多くがこのエンブレムの前で記念撮影をする姿がいつも見られた。そして、赤いかさが印象的な食堂車のスタンド照明も北海道オリジナルのアイテムである。
北斗星号エンブレム hokutosei4

◆寝台特急北斗星号の懐かしい画像集

虹釜の寝台特急北斗星号寝台特急北斗星号星釜

※ 写真提供:YOMPAQ様・K-office様(無断使用・転載厳禁)

hokutosei1・寝台特急北斗星号の27年の間にはいろいろな機関車が先頭に立った。もっとも、本州内での型式としてはEF81⇒EF510の2形式だが、そのバリエーションには興味をそそられる。星釜と呼ばれる北斗星用機関車に加え、以前スーパーエクスプレスレインボーというジョイフルトレインの専用機とされていた機関車(大きく書かれたEF81の文字が特徴的)、又運転席窓の上のひさし付の星釜、ローズピンクのEF81原色など。 hokutosei6hokutosei5

【次のページは・・・】

⇒ ◆寝台特急北斗星号の派生列車のトレインマーク

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 特急ホームタウン高崎号トレインマーク 特急ホームタウン高崎◆トレインマーク!
  2. 485系特急ひたち号ヘッドマーク 特急ひたち号・スーパーひたち号◆トレインマーク!
  3. びわこライナーのヘッドマーク 快速びわこライナー号◆トレインマーク!
  4. 寝台特急北陸号トレインマーク 寝台特急北陸号◆トレインマーク&データ!
  5. 快速フェアーウェイ号ヘッドマーク 快速フェアーウェイ号◆トレインマーク!
  6. 120系快速べにばな号 急行・快速べにばな号◆トレインマーク(なし)!
  7. SL人吉号のヘッドマーク 【観光列車】SL人吉号◆トレインマーク(2009年~)!
  8. 特急へいわ号ヘッドマーク 特急平和号・へいわ号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

寝台特急なは号トレインマーク
  1. 走り去る711系
  2. 117系シティーライナーのトレインマーク
  3. 特急白山号トレインマーク
  4. 宗谷岬到着。筆者。
  5. 寝台特急彗星号トレインマーク
  6. h5系北海道新幹線はやぶさ号ロゴマーク
  7. 快速はなさき号ヘッドマーク
  8. HB-E210系を後ろから「愛宕駅」
  9. キハ58系時代の急行つやま号

ピックアップ記事

  1. 特急きらめき号トレインマーク
  2. L特急ひばり号のヘッドマーク
  3. スラントノーズ183系の特急サロベツ
  4. 特急雷鳥号非貫通型トレインマーク
  5. 特急みのり号トレインマーク
  6. 寝台新幹線~北海道新幹線活用プラン~
PAGE TOP