ひろしまCITY電車◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・
広島シティ電車ヘッドマーク

⇒ 広島シティネットワークのロゴマークはこちら

ひろしまCITY電車の簡単な解説

広島シティ電車ヘッドマーク◆ 都市型パターンのダイヤ構築を目指して、1982年11月15日ダイヤ改正で導入された、広島~岩国間の列車愛称。時刻表に列車名として掲載されたわけではないので通称だが、シンプルかつダイナミックなヘッドマークを掲げて走っていた。

仙台近郊の「仙台シティラビット」や静岡の「するがシャトル」などと同様、正面貫通扉いっぱいの幅で誇らしげに輝くヘッドマークは地域における鉄道の地位向上に大きく寄与したことだろう。

その後、1984年2月1日ダイヤ改正では広島~西条、呉線の海田市~広、芸備線の広島~下深川にも拡大して設定した。

ヘッドマークがいつごろ消えてしまったのかは不明だが、列車の存在そのものは今を形作ったと言って過言でないだろう。

ひろしまCITY電車の復刻ヘッドマーク

ひろしまcity電車のヘッドマーク上のヘッドマークと一体どこが違うの?と思うほど、ほとんど変わらないデザイン。ほとんど間違い探しの世界だが、違いは「y」の最下部、先端が円から出ているか出ていないか、である。

現役当時のものは円から出ているタイプ。違いが生じた理由はわからないが、復刻に際して担当者が気付かなかったのか、はたまたシンプルな円形の方がコストが抑えられるからだったのか、今となっては謎である。

ちなみに、当サイトでは公開当初、この復刻版をトレースしたものをひろしまCITY電車のマークとして掲出していたが、読者様のご指摘により間違いに気づいたという経緯がある。この場をお借りしてお礼を申し上げたい。

タイトルとURLをコピーしました