◆◇◆サイトの新規記事・更新情報へ◆◇◆

【路線デザイン】日光線◆データファイル

・スポンサーリンク・
日光線色の107系 路線別ロゴマーク
日光線色の107系

 

⇒ 日光線のロゴマーク事典はこちら

日光線についての簡単な解説

◆ 栃木県のみを走る日光線。県庁所在地の宇都宮駅と県内随一の観光都市・日光を結ぶ、40.5kmの単線区間だ。

過去には急行日光といった優等列車が首都圏と日光を「日光線経由」で結んでいたが、現在では優等列車の設定がなく、どちらかといえば通学路線となっている。

フォントにも特徴ある日光線205系

それもそのはず、特急日光特急きぬがわ(スペーシアきぬがわ)が東北本線・栗橋以北で東武日光線に乗り入れており、優等列車は時間短縮を重視する選択をしたためだ。というわけで、すっかりローカル線のような雰囲気ではあるが、朝夕の時間帯は混雑が激しいため、2両編成の107系の後継として4両編成の205系が投入され、2017年夏までに107系の活躍は終わった。その世代交代がほんの先日の様だが、今度は新製車両であるE131系が投入されることになり、また転機を迎えている。

日光線の車両は、ステッカーデザインも面白いが、方向幕の文字に使われるフォントも独特のものが用いられており、それを見るだけでも楽しい。

画像提供:歩王のれっつらご~

日光線のデータファイル(近年の動き)

【運転区間】宇都宮~日光 40.5km
・   使用車両:E131系(両)

【1988年6月1日】107系を導入。
【2008年3月】ステッカー貼り付け開始。(車体はグリーンのNマークのまま)
【2009年3月~2010年1月】クラシック調塗装に順次変更。
【2013年3月16日】205系4両編成に置き換え開始。(2017年夏完了)
【2018年4月1日】観光タイプの205系Y3編成改造車「いろは」号導入。
【2022年3月12日】E131系(3両)にすべて置き換え。

画像のご協力のお願い

この愛称別トレインマーク事典【データ館】は、鉄道を愛する皆さんやデザインが好きだという皆さんに喜んでいただけることを願って無料公開しているページです。

列車画像に関しては「資料」・「記録」としての意味合いで掲載しており、いわゆる「鉄道写真家」レベルを求めるものではありません。そうしたことを踏まえて「資料・記録」的価値あるお写真をお持ちの方でご提供いただける方がいらっしゃいましたら、大変ありがたく思います。お名前とともにご紹介させていただきます。ご希望でしたらリンクも掲示させていただきます。
※十分満たされている場合やほかの理由でお断りすることもありますのでご了承ください。
※ご提供くださっている方々の中にはプロの方もいらっしゃいます。念のため。

タイトルとURLをコピーしました