Easti-D【イーストアイ-D】◆トレインマーク!

・スポンサーリンク・

Easti-D【イーストアイ-D】の簡単な解説

◆ Easti-D【イーストアイ-D】はJR東日本が所有する検査用車両で、正式名称はキヤE193系である。在来線(狭軌)の電化区間で検査を行なうために作られた交直流両用電車。この車両の名称にある「D」は、Dieselであることを意味する「D」である。電化区間用のEasti-E【イーストアイ-E】と区別する意味もある。またさらに、新幹線の検測用車両として、E3系新幹線に準ずる形状をしたイーストアイも存在する。

Easti-D【イーストアイ-D】のトレインマーク

easti-dロゴマーク◆この車両のボディーサイドには、大きくEasti-Dのロゴマークがついている。新幹線検査車両のEastiや電化狭軌区間用Easti-Eとも同じコンセプトのロゴマーク。

・この車両は在来線狭軌区間ならどこでも走行・検測可能なので、非電化区間のみならず、仙石線のような飛び地電化区間も担当する。

・また、JR東日本以外の路線でも、JR貨物、JR北海道、青い森鉄道、会津鉄道、真岡鐵道、わたらせ渓谷鐵道、鹿島臨海鉄道、山形鉄道、京葉臨海鉄道なども出張検測走行をする。

そんな車外路線の一つである、わたらせ渓谷鐵道における検測直後のこと(2017年5月22日)、中間車が脱線してしまう事故が発生した。

Easti-D【イーストアイ-D】の出張走行(山形鉄道)

・2015年4月にEasti-Dが山形鉄道フラワー長井線を日中に検測走行した。

Easti-D屋根上の検測装置 Easti-D車体ロゴマーク Easti-Dが山形鉄道フラワー長井線に入線

タイトルとURLをコピーしました