ついにラストラン!ニューなのはな号◆トレインマーク

・スポンサーリンク・
ニューなのはな号の愛称表示幕

ニューなのはな号(お座敷電車)の簡単な解説

◆JR東日本・千葉支社のお座敷タイプのジョイフルトレイン、ニューなのはな号。先頭車両を見ても形式は見当がつきにくいが485系の改造車両である。お座敷電車とはいうものの、ボックスタイプのクロスシートにも転換できる構造を持つ多目的車両であるところが興味深い。

千葉支社にはこの車両の前に、165系なのはな号というお座敷電車が存在したが老朽化したため、1998年1月にバトンを受けてニューなのはな号がデビューした。種車は485系1000番代とはいうものの、車体は新製したものだ。

車両番号は、クロ485、モロ485、モロ484、クロ484のいずれも、485系を改造したJR東日本のジョイフルトレイン4種からの連番となっている。(シルフィード、リゾートエクスプレスゆう、華)

ラストランは2016年9月25日津田沼駅をスタート、総武本線・中央本線・篠ノ井線・信越本線経由で長野駅までのいわば廃車回送コースを自力で走るのを営業運転とした形だ。

ニューなのはな号(お座敷電車)のトレインマーク

ニューなのはな号の愛称表示幕

ニューなのはな号の愛称表示幕

この車両にはロゴステッカーのようなものはなかった代わりに、ロール式の行先・愛称表示幕が設置されている。グリーン車のマークもこの愛称幕の中に組み込まれているところが面白い。

ニューなのはな号(お座敷電車)のラストランについて

2016年8月での引退が発表されてラストランは8/28の「ありがとうニューなのはな南房総乗りつくしの旅号」となる予定だったが、前述の通り廃車回送を営業運転としたので9/25日まで1ヶ月延命した。

保存

タイトルとURLをコピーしました