か行

特急くにびき号・スーパーくにびき号◆トレインマーク&データ!

特急くにびき号の簡単な解説

◆特急くにびき号。 米子~益田を山陰本線で結ぶ特急列車として1988年から運転、1996年からは鳥取まで運転区間延長、さらに2001年からキハ187系を投入してスーパーくにびき号として運転された。しかし、2003年にスーパーまつかぜ号という愛称に変更することが発表され、特急くにびきの愛称は消滅した。1990年代を中心にキハ181系を使用した特急たちが名を連ね、国鉄型ディーゼル王国となっていた山陰本線の中心部を担っていたが、いまやすっかり様変わりした。

◆特急くにびき号トレインマーク

特急くにびき号ヘッドマーク・出雲の国風土記に出てくるくにびき伝説のお話をそのままイラストにしたようなトレインマーク。

しかし、かなり盗難が多かったことから文字だけのマークに置き換えられた時期があり、このイラストマークを実際に使用して走った期間はあまり長くなかったそうだ。その後、スーパーくにびき号としてキハ187系が導入されるとLED表示器の前面表示になったので、スーパーくにびき号のイラストマークは存在しない。

 

◆特急くにびき号の画像

特急くにびき号・代用トレインマーク・残念としか言いようのない事態だが、トレインマークの盗難事件は各地で起こっている。山陰地区のキハ181系特急にも盗難が多発していた時期があり、イラスト・トレインマークの掲示をあきらめて「文字のみタイプ」が使用されていたことがある。そうした経緯が理由なのか、キハ187系は味気ないLED表示器となり、特急はまかぜ号のキハ189系にはトレインマークの掲示はない。

◆特急くにびき号のデータファイル

【登場時:1988年3月13日】
・ ●運転区間:米子~益田  運転本数:1往復  使用車両:キハ181系
【1996年3月16日改正】鳥取発着に変更。
【1997年11月29日改正】特急いなば号を統合。鳥取~米子(1往復)、鳥取~益田(1往復)、計2往復に。
【2001年7月7日改正】キハ187系気動車を投入し、スーパーくにびき号に改称。
・ 3往復増発。鳥取~米子(1往復)、鳥取~益田(2往復)、米子~益田(2往復)。
【2003年10月1日改正】スーパーくにびき号をスーパーまつかぜ号に改称。愛称が消える。

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急月光号トレインマーク 寝台特急月光号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急かいじ号◆トレインマーク&データ!
  3. 寝台特急カシオペア◆サブページ
  4. 特急きらめき(九州)◆トレインマーク
  5. 特急加越号ヘッドマークHM 特急加越号◆トレインマーク&データ!
  6. 特急かがやき号◆トレインマーク&データ!
  7. 寝台特急カシオペア号◆トレインマーク&データ!
  8. きらきらうえつ号◆トレインマーク~引退決定!

カテゴリー

N700系
  1. 臨時急行ゆのはな号トレインマーク
  2. 急行たかやまHM・合成画像
  3. トランスイート四季島

ピックアップ記事

  1. 特急ダイナスター号の愛称幕
  2. 特急おわら号トレインマーク
PAGE TOP