か行

特急きらめき号(北陸)◆トレインマーク&データ!

特急きらめき号の簡単な解説

◆ 米原~金沢間を結ぶ速達タイプの特急列車として1988年に運転開始した特急きらめき号(臨時運転では京都発着)。コンセプトは同時デビューの特急かがやき号と同様で、速達列車だった。デビュー当時は途中の停車駅は福井駅だけという大胆なまでの設定で下り列車は1時間51分で結び、まさに「スーパー」な特急だったが、周辺自治体の強い要望の圧力に負けて徐々に停車駅が増えていき、同じ区間を走る特急加越との差異はどんどんなくなっていった。そして存在意義が薄れてきた1997年にはそのすべてを特急加越号に吸収し特急きらめき号は姿を消した。その後には特急加越号も特急しらさぎ号に吸収され、消滅した。
その後、特急きらめきという愛称自体はJR九州において新たに採用され、思いがけない復活を遂げて現在に至る。
⇒JR九州「特急きらめき」号はこちらから

◆特急きらめき号のトレインマーク

特急きらめき号トレインマーク
・北陸本線の速達特急としてデビューした特急きらめき号のトレインマーク。時刻表の上では「特急きらめき」であり、それが正式名称だとされているが、トレインマークを見ると「スーパーきらめき」となっている。速達列車であることをアピールしたかったのだと思うが、利用者にとっては“別物”に見えてしまう、ややこしいマークの列車だった。
・山陽九州直通新幹線でも話題になった「停車駅実現合戦」の影響で、ここもあそこも停車させる・・・となってしまったため結局のところ速達タイプでない、まったく存在意義のない列車設定になってしまった。山陽九州新幹線では、さくら号を「だし」にして、話題を集中させた後、みずほ号を設定断行したやり方はこれまでの教訓が生かされていたと言えそうだ。特急きらめき号485系・国鉄色

◆特急きらめき号の画像

・通常の使用車両は特別塗装を施された485系特急電車(特急かがやき号と共通運用)。たが、その末期においてはダイヤ改正後の運用形態を念頭に置いて塗色変更が前もってすすめられていったため、国鉄特急色の車両で運転することもあったようだ。

*** 画像提供:kogane-turbo様

◆お役立ちサイトご紹介

●【トレインブックス・国鉄型車両図鑑・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●クロ481形2200番代

◆特急きらめき号のデータファイル

【登場時:1988年3月13日】
●運転区間:米原~金沢  運転本数:1往復  使用車両:485系専用車両
【1991年3月16日改正】加越号の1往復をきらめき号に変更⇒2往復。自由席を設定。
【1992年3月14日改正】きらめき号の停車駅増加。
【1997年3月22日改正】加越号に統合され廃止。加越号は7往復に。

保存

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行きのくに号◆トレインマーク&データ!
  2. 北陸新幹線かがやき号◆トレインマーク&データ!
  3. 寝台特急金星号◆トレインマーク&データ!
  4. 寝台特急きりしま号◆トレインマーク
  5. 特急かいおう◆トレインマーク&データ!
  6. 【ジョイフルトレイン】きらきらみちのく号◆トレインマーク!
  7. 現美新幹線◆フォト&データ
  8. 特急きらめき(九州)◆トレインマーク

カテゴリー

N700系
  1. 急行能登路号トレインマーク
  2. 特急オホーツク号ヘッドマーク

ピックアップ記事

  1. 臨時特急ふるさと号トレインマーク
  2. 四季島ロゴ
  3. 特急マーク図鑑・表紙
PAGE TOP