い~お

特急宇和海号◆トレインマーク&データ!

特急宇和海号トレインマーク

特急宇和海号・アンパンマン車両を含む

特急宇和海号の簡単な解説

アンパンマン車両を使用した特急宇和海

アンパンマン車両を使用した特急宇和海

◆ 松山~宇和島を結ぶ特急として14往復運転されている特急宇和海号。急行うわじま号などを廃止し、松山駅以西を系統分離して登場した。

・1990年に誕生した当時は185系ディーゼル特急だったが、現在では2000系を使用しているため、120km/h運転が可能になり、スピードが格段にアップした。特急しおかぜ号、特急いしづち号からの乗り換え需要が大きいが、通し特急料金適用により割安感が向上した。また、松山駅での乗り継ぎは同一ホームの北寄り・南寄りに連なる形で行なわれる。

※画像提供:堤昭仁様・トレインブックス伊藤様・KOGANETURBO

スポンサーリンク

◆特急宇和海号トレインマーク

特急宇和海号トレインマーク・宇和海という名前は、正式名:豊後水道 の別名であり、愛媛県側でしか使われていない名前だという。 ヘッドマークは、その宇和海に沈む夕日をデザインしたもので、シンプルで抽象的なデザインのわりには何ともいえない魅力を感じる。

◆特急宇和海号のお役立ちサイトご紹介

●【トレインブックス】・・・形式写真を撮り続けていらっしゃる、貴重な資料写真です。 TSE2000系試作車による特急宇和海
●【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●特急宇和海

◆特急宇和海号のデータファイル

【登場時=1990年11月21日】
・ ●運転区間:  運転本数:4往復  使用車両:キハ181系・キハ185系
・ ●最高速度110km/h  最短所要時間:1時間30分 表定速度:64.6km/h
特急宇和海号・松山駅の発車ホーム【1991年3月改正】下り1本増発⇒上り4本・下り5本。
【1993年3月18日改正】2000系気動車投入。特急しおかぜ号、特急いしづち号を含めた系統分割により13往復に。
・ ●最高速度120km/h  最短所要時間:1時間15分  表定速度:77.5km/h。
【1994年12月3日改正】下り1本を特急いしづち号に変更。⇒上り13本・下り12本。
・          高速化。最短所要時間1時間13分、表定速度79.6km/h。
【1995年4月5日改正】下り14本・上り15本に。これにより日中は1時間間隔で運転、全列車を4両編成とする。
【1997年3月22日改正】1往復を岡山発着の「しおかぜ」に変更。⇒下り13本・上り14本。

【2003年10月1日】アンパンマン列車登場。
【2005年3月1日改正】松山駅22時台発の下りを1本増発し、14往復になる。


【2006年3月18日改正】所要時間が延び、平均所要時間は1時間20分程度に。
【2008年3月15日改正】全車禁煙化。
【2010年6月1日改正】4両から3両に減車。
【2011年3月12日改正】エル特急の種別廃止。下り2本増⇒下16・上14に。
【2014年3月15日改正】特急いしづち号の系統分割により上り1本増⇒下16・上15に。
【 同年9月24日改正】通勤通学時間帯の2往復を5両に増車。(おもに快てーきの利用者需要に対応したもの)
【2016年3月26日改正】特急しおかぜ号の系統分割により1往復増⇒下17・上16に。

※ 運転本数の増減はこの区間の実質的本数というより特急しおかぜ・特急いしづちの区間短縮・延長との兼ね合いによる部分が多く、特に1995年のダイヤ改正以降はこの区間の列車のトータル本数に大きな変動はなく、下り1本増えたにすぎずない。

***詳細情報提供:谷澤良二様

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急いなば(鳥取県内)◆トレインマーク!
  2. 特急いしかり号◆トレインマーク&データ!
  3. おいこっとのロゴマーク 【観光快速】おいこっと(OYKOT)◆ヘッドマーク
  4. 快速石見ライナー号◆トレインマーク!
  5. 急行おが号◆トレインマーク&データ!
  6. Easti-D【イーストアイ-D】◆トレインマーク!
  7. 急行えびの号◆トレインマーク!
  8. 急行内房・急行うち房号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急立山号HM

ピックアップ記事

  1. 寝台特急北星号トレインマーク
PAGE TOP