【観光列車】特急花嫁のれん号◆トレインマーク!

特急花嫁のれん号の簡単な解説

◆ 金沢~和倉温泉を結ぶ観光特急として2015年10月3日にデビューした列車。キハ48形2両からの改造ということで種車は一般型気動車だが、その手の入り様はなかなかのもので「豪華観光列車」という位置づけでの登場となる。

土曜・日曜を中心に多客期を含む運転予定となっており、年間150日ほど予定されている。金沢~和倉温泉間を1時間20分前後で走るので、決して長すぎて間延びする印象はない。気軽に旅行行程の一部として組み込めるところが良いところだろう。

2両編成でそれぞれ24名・28名の合計定員52名。イベントスペースや物販スペースがあるだけでなく座席配置そのものがゆったりとしてものになっている。

運転区間は、683系電車を使用する特急能登かがり火号と完全一致している通り、すべて電化されているわけだが、今後非電化区間への入線にもフレキシブルに対応できるようにということで気動車を採用したらしい。まだ計画は未発表だが、のと鉄道線への入線や氷見線・城端線・高山本線といった路線への出張走行も見られるようになるのだろうか。

スポンサーリンク

特急花嫁のれん号のヘッドマーク

特急花嫁のれん号のヘッドマークこの列車のヘッドマークともいえるマークは、車両そのものに完全固定されているものなので交換などはできない。しかし、ヘッドマークと呼ぶにふさわしい、シンボリックなサインであり、なおかつ列車の華やかなデザインの中に調和よく溶け込んでいる。

ボディーサイドにも、中央の窓下あたりに同じマークが描かれ、座席のヘッドレストの一つ一つやほかのいろんなところでこのマークを見ることが出来る。

七尾駅にてこの花嫁のれん号を迎え撮影したのだが、入線するときに一青窈さんの名曲「ハナミズキ」のメロディーが流れ、華やかできらびやかな車両がやってくる演出はなかなか感動的で素敵だった。

和倉温泉・加賀屋仕込みのおもてなし

 

花嫁のれん号のいろいろな味付けは和倉温泉の高級旅館として名をはせる「加賀屋」によるものだそうだ。

列車という特殊な環境において「走る加賀屋」となっているかどうかの評価は人それぞれかと思うが、おもてなし列車としては十分魅力あると感じる。もっとも、走る加賀屋である必要はないかもしれない。

この路線における気動車列車としては、急行能登路号や特急ゆぅトピア和倉号を思い出す方もいらっしゃると思うが、これほどまでに華やかさを重視した列車は初めてだろう。付け加えると、大半の設定ではのと鉄道の観光列車「のと里山里海」号との乗り継ぎが想定されたダイヤが組まれている。

とてもきらびやかな車両となっているが、ひとつだけ違和感をあえて述べるならやはりこのLEDヘッドライトだ。どうも安っぽく見えて仕方がない。光量は十分あるので、この上に従来型のライトカバーを取り付けるだけでもずいぶん違って見えると思うがいかがなものだろうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急はまかぜ号◆トレインマーク!
  2. 快速こがねふかひれ号◆トレインマーク&データ!
  3. 【お座敷電車】華(はな)号◆トレインマーク!
  4. 羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク 2019年秋登場!【観光列車】海里(かいり)~きらきらうえつはど…
  5. 急行はまなす号◆トレインマーク&データ!
  6. ユーロライナーのヘッドマーク 【ジョイフルトレイン】ユーロライナー◆トレインマーク
  7. 急行はぎ号◆データファイル!
  8. スーパーサルーンゆめじ◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. わくわくドリーム号HM

ピックアップ記事

  1. 臨時快速白虎ヘッドマーク
  2. 石北本線臨時快速
  3. トランスイート四季島
  4. 特急かもしかHM・485系
PAGE TOP