特急あおば号(在来線)◆トレインマーク&データ

キハ181系特急あおば号HM

特急あおば号の簡単な解説

◆ 仙台~秋田を北上線経由で結ぶ特急として、1971年3月から1975年11月までの約4年半ほど活躍した列車。もともと、上野~秋田間を奥羽本線経由で結んでいた特急つばさ号のキハ181系を効率的に間合い使用する方法を考案して生まれたのがこの特急あおば号であったため、メインとなる特急つばさ号が485系電車化された際に共通運用を組めなくなった時点で急行格下げを余儀なくされ、廃止となった。

とはいえ、モノクラス編成6両で登場した列車が1年以内にはグリーン車食堂車を加えた7両編成に成長したことからわかるとおり、決してお荷物的な扱いだったわけではなく、あくまでも共通運用を組めるような非電化路線を走る特急が他になかったための廃止だったと言える。

そして、それからさらに6年半ほど経た1982年6月、東北新幹線あおばとして愛称が復活した。

【参考】ちなみに、「あおば号」の愛称は、漢字表記で1950年にまず登場し、上野~仙台を結ぶ昼行急行として1964年まで続いた。いや、実際には愛称は途絶えることなく同区間の夜行列車に転用され、1年後に一旦消滅した。

特急あおば号のヘッドマーク

キハ181系特急あおば号HM

特急あおば号のヘッドマークはキハ181系のステンレス枠で押さえるタイプ。イラストトレインマーク登場前の、ひらがなとローマ字を併記する文字タイプしか存在しなかった。

さて、非電化区間である北上線と言えば、この特急あおば号と同様に気動車特急として短期間走った特急があったことを思い出す。それは特急秋田リレー号だ。新幹線連絡特急として特急たざわ号から役割を引き継いだので運転本数も役割も大きく異なるとはいえ、ごく短期間の設定であったことと北上線にまつわる列車という共通点が興味深い。

特急あおば号のデータファイル

【登場時:1971年3月20日改正】 運転区間:仙台~秋田(北上線経由) 1往復 キハ181系

【1972年初頭?】グリーン車・食堂車を連結。

【1975年11月25日改正】廃止。⇒急行きたかみ号に格下げ編入。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急あずさ号・スーパーあずさ号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急あそぼーい!号◆トレインマーク&データ!
  3. 寝台特急あかつき号◆トレインマーク&データ!
  4. 新幹線あさひ号◆トレインマーク&データ!
  5. ALFA-X画像 【JR東日本】新型新幹線試験車両【ALFA-X】E956形を発表…
  6. 急行(快速)あがの号◆トレインマーク(なし)&データファイル!
  7. 臨時特急旭山動物園号◆トレインマーク&データ!
  8. 烏山線EV-E301系・蓄電池車両【ACCUM】◆ロゴマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 20系寝台急行テールマーク

ピックアップ記事

  1. かにカニはまかぜ号HM
  2. 東北エモーション
  3. 特急オホーツク号ヘッドマーク
PAGE TOP