新幹線あさひ号◆トレインマーク&データ!

新幹線あさひ号の簡単な解説

◆ 東京~新潟・ガーラ湯沢を結ぶ上越新幹線の速達型列車として2002年まで運転されていた新幹線あさひ号。本来なら愛称が消滅する予定などまったくなかったのだが、1997年12月の長野新幹線開通によって特急あさま号が新幹線の愛称として設定されたことにより、一文字違いの名前は乗り間違えが多発してしまったということで、数多くの要望が寄せられて「あさひ号」を改名して愛称を1997年まで使用されていた「とき号」に変更することになったものだ。したがって、上越新幹線が「あさひ号」・「たにがわ号」の組み合わせで運転されていた期間は5年に満たなかった。元々の愛称の由来は日の出の朝日ではなく「朝日岳」。近隣区間を走っていた急行列車の愛称を採用。公募では18位だったということで、かなり大胆な起用だったと言えそうだ。

◆新幹線特急あさひ号のトレインマーク

e1系max・新幹線あさひ号のものと言えるトレインマークは一つもない。しかし関連するものをここで取り上げたい。右は2003年度から始まったリニューアル以前のカラーリングでのE1系のロゴマーク。この車両は、東北新幹線と共用目的で作られた車両なので、愛称固有のものではない。かなりシンプルでおとなしい印象をうける。

現在もデザインのベースは踏襲されるロゴマークの形はMAXの名を一般客にも十分定着させる点で貢献してきた。でもMAXの意味がMulti Amenity Expressだとはちょっと意外な気がする。眺めは良いが、居住性はいまいちの印象が強い。

スポンサーリンク

◆新幹線特急あさひ号の画像

新幹線あさひ号200系・画像は東北新幹線やまびこ号のものだが、東北・上越新幹線の大宮開業当初からしばらくはすべてこの200系車両にて運転されていた。東海道山陽新幹線「ひかり号」「こだま号」の0系車両をベースにしたデザインは、もし実際に隣同士にして並べてみると鼻の長さや運転席窓周りやスノープラウなど、見た目にもわかる違いも数多くあるものの、「やっぱりこれぞ新幹線」という印象を長い間築き上げてきた。とはいえ2013年、定期列車運用から完全に退き、ついに世代交代が完了した。

◆お役立ちサイトご紹介

★【座席探訪・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●200系新幹線 ●E1系新幹線MAXあさひ

★【裏辺研究所・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●MAXあさひ

◆新幹線特急あさひ号のデータファイル

【登場時:1982年11月15日】
●運転区間:大宮~新潟  運転本数:11往復  使用車両:200系
・ 速達タイプ=あさひ、各駅停車タイプ=とき。
【1985年3月14日改正】大宮~上野間開業。
【1988年3月13日改正】さらなる速達版(長岡のみ停車)が2往復登場。
【1990年3月10日改正】最高速度275km/hの運転を開始(当時、国内最高営業速度)。
【1991年6月20日改正】上野~東京間開業。
【1994年7月15日改正】E1系Max営業運転開始に伴い、Maxあさひ号登場。
【1997年10月1日改正】列車名の再編。東京・越後湯沢~新潟の列車を“あさひ”とした。
【2002年12月1日改正】愛称を“とき”に変更。あさひ号の愛称が消滅。

保存

関連記事

  1. 特急あかぎ号・スワローあかぎ号◆トレインマーク!
  2. 特急有明号◆トレインマーク&データ!
  3. 【ジョイフルトレイン】アイランドエクスプレスⅡ◆トレインマーク!…
  4. 寝台特急あさかぜ号◆トレインマーク&データ!
  5. 寝台急行天の川◆トレインマーク(なし)
  6. 【ジョイフルトレイン】ゴールデンエクスプレス・アストルのトレイン…
  7. 特急あまぎ号◆トレインマーク&データ!
  8. 快速アクティー号◆トレインマーク

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

特急オホーツク号ヘッドマーク

ピックアップ記事

  1. 特急東海号のトレインマーク
PAGE TOP