ジョイフルトレイン

ジョイフルトレイン

・スポンサーリンク・
か行

きのくにシーサイド号◆トレインマーク

きのくにシーサイド号の簡単な解説 ◆ 天王寺・和歌山~白浜などで運転されたきのくにシーサイド号。快速列車だったり、多くの駅を通過運転しながらあくまでも普通列車扱いだったりしたようだ。この「きのくにシーサイド」という名称は列車名でもあり、ジ...

サロンエクスプレス東京◆トレインマーク

サロンエクスプレス東京の簡単な解説 ◆ 1983年に登場した欧風客車、サロンエクスプレス東京。それまでの団体専用車両と言えば81形お座敷客車などだったが、お世辞にも華やかな外観とは言い難かった。そこで走っている姿からして既成概念を打破した...

B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)◆ロゴマーク

B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)の簡単な解説 ◆ BOSO BICYCLE BASE=房総バイシクルベース号はサイクリスト向けの列車で、自転車のラックが設置されているため輪行などせずにそのままの形で移動し、目的地です...
さ行

【観光列車】しまんトロッコ号のロゴマーク

しまんトロッコ号の簡単な解説 ◆ 窪川~宇和島を予土線経由で結ぶ観光列車、しまんトロッコ号。予土線は「しまんとグリーンライン」という愛称で呼ばれる路線で、最後の清流とも呼ばれる四万十川の清流を眼下に見ながら旅を楽しめる、素晴らしい...
い~お

【観光列車】etSETOra(エトセトラ)◆トレインマーク

et cetera(エトセトラ)の簡単な解説 ◆ 宮島口・広島~(呉線経由)~尾道を結んで運転する観光列車として2020年10月3日にデビュー。瀬戸内マリンビューを改造したキロ47形気動車2両編成で定員40名、全車グリーン車の設定だ。金・...

【観光列車】36ぷらす3◆ロゴマーク

36ぷらす3の簡単な解説 ◆ JR九州の7県をぐるりと巡る「36ぷらす3」。D&S(デザイン&ストーリー)列車第12弾として初の電車(787系)で設定され、2020年10月16日に運転開始となる。当初の計画では15日だった...
ジョイフルトレイン

【ジョイフルトレイン】アルファコンチネンタル・エクスプレスのマーク!

アルファコンチネンタル・エクスプレスの簡単な解説 ◆ JR北海道のジョイフルトレインとして1985年に登場、1995年まで活躍した、キハ56系改造の車両。気動車によるジョイフルトレインの中でもエクステリアの大掛かりな改造という点でまさに「...

風っこそうや号◆トレインマーク

風っこそうや号の簡単な解説 ◆ 風っこそうやは、JR北海道がJR東日本から借り受けた「キハ48系びゅうコースター風っこ(仙ココ)」を使用して宗谷本線で運転した列車。2019年7月~9月にかけて、音威子府~稚内間と旭川~音威子府間の2つの区...

HIGH RAIL1375◆トレインマーク

HIGH RAIL1375の簡単な解説 ◆ HIGH RAIL1375はJR最高地点を含む小海線を走る「のってたのしい列車」。2017年7月1日から運行を開始した。 その路線の標高の高さから「天空にいちばん 近い列車」という...
い~お

リゾートうみねこ号◆トレインマーク&データ!

リゾートうみねこ号の簡単な解説 ◆2011年春、東日本大震災後の東北新幹線全線復旧にあわせてデビュー。八戸~階上を結ぶ列車として登場したリゾートうみねこ号。2002年の東北新幹線八戸開業時から運転していた「うみねこ号」に変わる存在とし...
・スポンサーリンク・
タイトルとURLをコピーしました