さ行

特急白根号◆トレインマーク&データ!

特急白根号トレインマーク

 

特急白根号の簡単な解説

shirane3◆上野~万座・鹿沢口を結ぶ吾妻線の特急として1985年まで運転されていた特急白根号。当初は臨時特急として登場し、1982年に大きな発展を遂げた。それまで急行草津が主役だったのが、1往復を除きすべて特急格上げとなり、特急白根として躍進を遂げたのだ。

特急谷川号や特急あかぎ号との併結運転で走る長大編成はなかなかの見ものだったが、1985年に新特急という新しい制度が設けられると同時に愛称が「特急草津」に一本化されたため白根の名は消えた。

その後、草津白根という愛称の列車が誕生したので往年の鉄道ファンはこの列車のことを思い出したことだろう。

スポンサーリンク

◆特急白根号のトレインマーク

shirane-n・1985年に姿を消した特急であるゆえに、純国鉄特急ということができる。183系1000番代の国鉄特急色車を使用したその姿はまさに100%国鉄の姿と言える。  登場したての頃は季節特急でありながら、末期にはL特急にまで成長した。急行草津からの格上げという要素もあったが、成長路線だったともいえるだろう。しかしながら、一旦は消えた急行「草津」にその座を奪われて消えることになろうとは思いもしなかった。

もっとも、知名度の高い草津温泉の名を冠した方が利用者が増えるという考えがあったのかもしれない。または草津温泉側がPRのためにそれを希望したことも考えられる。同じようなパターンは特急北近畿から特急こうのとりに変更された例にも見られる。地元の要望を受けてPRを兼ねた変更が行なわれるパターンだが、伝統の愛称が消えることは鉄道ファン的視点で見るとあまり嬉しくない。

shirane1

◆特急白根号のお役立ちサイトご紹介

●【裏辺研究所・・・・国鉄時代から現在までに運転された、様々な列車たちを解説しているサイト。 ●特急白根

shirane2

◆特急白根号データファイル

【登場時:1971年4月20日】臨時特急として
・ ●運転区間:上野~万座・鹿沢口  運転本数:1往復  使用車両:157系
【1975年12月】183系に運用変更。
【1982年11月15日改正】急行草津号を一部吸収して定期列車化。4往復になりエル特急指定。185系化。
【1985年3月14日改正】急行草津と特急白根を統一して新特急草津とし、白根号は愛称消滅。

保存

関連記事

  1. 特急ソニック号・トレインマーク 特急ソニック号◆トレインマーク!
  2. 高速試験用新幹線【STAR21】◆トレインマーク
  3. 【宮崎・鹿児島地区】さわやかライナー号/ホームライナー号◆トレイ…
  4. 特急しまんと号トレインマーク 特急しまんと号◆トレインマーク&データ!
  5. サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!
  6. 寝台特急出雲号・サンライズ出雲号◆トレインマーク&データ
  7. 新幹線リレー号(東北・上越)◆トレインマーク!
  8. 季節特急新雪号トレインマーク 季節特急新雪号◆トレインマーク!

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急こだま号トレインマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP