急行ましけ号◆トレインマーク(なし)!

・スポンサーリンク・

急行ましけ号の簡単な解説

急行ましけ・かむい◆ 札幌~増毛を結ぶ留萌本線の急行として1980年10月のダイヤ改正前まで活躍した急行ましけ号。登場したのは1965年10月に準急としてであったが、それは準急かむい号のうち、深川から留萌本線に直通する編成の行き先をはっきりさせて間違えにくくするために愛称を設定したものだ。翌年3月5日には早々に急行に格上げされた。

さらにさかのぼると、この列車はそもそも急行るもい号として始まったものが急行かむい号に編入され、さらに変更したもの。

路線そのものが廃止された留萌本線の末端区間、留萌~増毛間をも網羅する急行が走っていたことに今となっては驚きさえ感じるが、結構早い時期に末端は普通列車化されて1968年10月に留萌以遠、1980年10月に留萌本線内が普通となり、もはや急行ましけ号を名乗る意味を失ってしまった。

当初はキハ22系2両だったが、後にはキハ55系やキハ56系も使用。急行るもい号や急行かむい号との多層建て列車として、札幌には長大編成で姿を現す「古き良き時代」の象徴のような列車だった。  (画像提供:タケチャン様)

急行ましけ号の簡単な解説

【登場前:準急として】1965年10月1日  札幌~増毛

***************************

【登場時:1966年3月5日】急行格上げ

●運転区間:札幌~増毛(留萌本線) 使用車両:キハ22系(2両)

【1968年10月改正】留萌~増毛間を普通列車化。
【1980年10月1日改正】愛称廃止。

タイトルとURLをコピーしました