か行

特急こまくさ号◆トレインマーク&データ!

特急こまくさ号の簡単な解説

◆特急こまくさ号。 山形~新庄・秋田を結んでいたL特急。山形新幹線が山形まで開業したときに、山形駅から北の地方都市へとつなぐ、新幹線つばさ号とのリレー特急的な役割を担う列車として設定された。L特急つばさ号の山形以北の運転区間を分離した列車だったため、山形駅での特急列車の乗り継ぎ制度が適用された。車両は国鉄色の485系が主に使用されたが、一部特急かもしか号専用色がしようされた。

時代をさらにさかのぼると、急行こまくさ号として存在していた時期もあったが、急行の特急格上げが進められる中で特急つばさ号にすべて吸収格上げされて一旦愛称が消滅していた(1982/11から)。

スポンサーリンク

◆特急こまくさ号のトレインマーク特急こまくさトレインマーク

山形新幹線の新庄延伸は、山形まで開業した当初からの規定路線であったため、この列車が登場したときから「やがては消える列車」 として扱われていた悲運の特急列車だ。
とはいえ、ピンクをベースにしたこのトレインマークはとても可愛らしく、雪景色の中を走る485系・国鉄特急色の車両にもよくマッチしていたので今でも強く印象に残っている。 何となく「美人薄命」的なイメージの特急だった。現在では、新庄駅以北のこの路線には優等列車は設定されておらず、湯沢・横手あたりがすっかり取り残されてしまった印象になっている。

◆特急こまくさ号のお役立ちサイトご紹介

●【私設仙台南運転所】・・・廃止を間近に控えた時期の写真集のページです ●特急こまくさ晩年の軌跡

◆特急こまくさ号データファイル

【登場時:1992年7月1日(山形新幹線開業)】
●運転区間:山形~新庄(61.5km・4往復)・秋田(211.6km・5往復)  使用車両:485系(4/5両)
【1999年12月4日改正(新幹線の新庄延伸工事開始)】新庄以北の快速に格下げ。

◆急行こまくさ号データファイル

【登場時:1970年10月1日】
●運転区間:山形~秋田(211.6km・1往復)  使用車両:キハ58系(4両)
【1978年10月2日改正】青森まで区間延長。
【1982年11月15日改正】特急格上げ。愛称は特急つばさに統合。

◆快速こまくさ号データファイル

【登場時:1999年3月12日(山形新幹線・新庄開業)】
●運転区間:新庄~横手・秋田  使用車両:701系(2両)
【2002年12月1日改正】廃止。秋田地区の愛称付快速列車がほぼ同時全廃となった。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急かがやき号◆トレインマーク&データ!
  2. 【ジョイフルトレイン】きらきらみちのく号◆トレインマーク!
  3. 急行すずらん号◆トレインマーク&データファイル!
  4. 羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク 2019年秋登場!【観光列車】海里(かいり)~きらきらうえつはど…
  5. 特急草津号◆トレインマーク!
  6. 特急こだま号トレインマーク 特急こだま号(在来線)◆トレインマーク
  7. 北陸新幹線かがやき号◆トレインマーク&データ!
  8. 特急くろしお号・スーパーくろしお号◆トレインマーク&データファイ…

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 特急ライラック号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. サンシャトルのヘッドマーク(後期型)
PAGE TOP