い~お

急行内房・急行うち房号◆トレインマーク!

急行内房号の簡単な解説

◆新宿駅・両国駅~館山駅を結ぶ急行列車として、東京駅発着の特急さざなみ号を補完する形で活躍した急行内房号。165系電車を使用して運転し、1982年11月15日改正で静かに姿を消した。

加えて、時代をさかのぼると1972年7月15日まで運転していたもう一つの急行うち房も存在した。こちらの列車も、準急として設定された1962年時点・急行格上げとなった1966年3月5日時点でいずれも「内房」と表記されていたが当初の読み方は「ないぼう」で、急行格上げ直前の1965年10月から「うちぼう」と発音するようになったようだ。

スポンサーリンク

急行内房号のヘッドマーク

急行内房号ヘッドマーク・ 房総各線の急行列車には独特の変則6角形のヘッドマークが掲げられていた。それぞれの路線(方面)ごとに色が分けられており、急行内房号は紫色の縁取りが 施されていた。活躍期間の後半にはワンポイントイラストが入ったヘッドマークが使用されたが、帆に風をいっぱいに受けたヨットのイラストだった。東京湾で見られる光景をモチーフにしたものだろうか。

・同タイプのヘッドマークを装着していた急行としては、急行外房急行鹿島急行犬吠急行水郷などがあった。

急行内房号のデータファイル

【登場前:1962年10月1日】準急内房(ないぼう)号として新設。
・運転区間:新宿・両国~館山(安房鴨川)  使用車両:キハ 
・運転本数:4往復(うち2往復は安房鴨川から先、外房号となる循環列車)
【1965年10月改正】準急さざなみ号から編入⇒6往復に(循環列車4往復)。
・同時に、読み方を「うちぼう」に変更。
*********************************
【登場時:1966年3月5日】準急内房から急行格上げ
【1967年10月~1968年6月末】循環タイプの4往復を急行うちうみ号として分離。
【1968年7月改正】循環タイプを6往復に増発して吸収。折り返しも3往復に増発⇒9往復に。
・ 列車名表記を「うち房」に。
【1969年7月11日改正】165系電車(G1含む7両)化(普通車も冷房)。循環運転を終了。
・ 9往復(臨時含む)に。一部千倉駅まで延長。
【1971年7月改正】一部列車が安房鴨川駅まで延長。
【1972年7月改正】特急さざなみ号の新設で大半が特急格上げ。
・ 同時に循環型列車が復活したが愛称を急行なぎさ、急行みさきに変更し、一旦消滅。
**********************************
【1975年3月10日復活】
運転区間:新宿・両国~館山  運転本数:3往復  使用車両:165系
【1982年11月15日改正】特急さざなみ号に格上げ⇒急行内房号廃止。

保存

関連記事

  1. 急行いすず号◆データファイル!
  2. 特急いしかり号◆トレインマーク&データ!
  3. 【ジョイフルトレイン】彩~いろどり~◆トレインマーク!
  4. 快速一村一山号◆トレインマーク!
  5. 快速エアポート号◆トレインマーク!
  6. 特急指宿のたまて箱号◆トレインマーク&データ!
  7. 特急いなほ号◆トレインマーク&データ!
  8. 急行えびの号◆トレインマーク!

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 特急うずしお号トレインマーク
PAGE TOP