特急あしずり号◆トレインマーク&データファイル!

急行あしずり号はこちら

特急あしずり号の簡単な解説

特急あしずり号2000系★  高知~中村・宿毛を結ぶ高知県西部のディーゼル特急として運転される特急あしずり号特急南風や、特急しまんと号と共通運用を組んでいる。

2011年3月までは、下りの1本だけの設定であったり、下り5本だけで上り設定なしの時代もあったという非常に珍しい列車で、なおかつ1号という番号が使用されている点でも不思議な列車だったが、現在は様変わりした。

1990年に特急として設定され、キハ181系・キハ185系で運転されていたが、1993年からは2000系が運用に就き、高速化された。2014年春の改正で宿毛発着列車(中村以西)が削減され上り1本だけになった。 急行あしずり号の時代は、高松発着で高知県西部の都市とをつなぐ長距離急行だった。

スポンサーリンク

◆特急あしずり号のトレインマーク

特急あしずり号トレインマーク・名称は、言わずと知れた高知県西部の岬・足摺岬から採られている。断崖絶壁の岬に打ち寄せる黒潮の波の図案で、赤と青のコントラストが少しきつい印象だが、実際に車両に装着されるとよくなじんでいる。 元々は急行列車の名称として長く親しまれていたものなので、今後も吸収による廃止などされずに存続してもらいたい。

 

◆特急あしずり号のデータファイル

【登場前】1961年4月15日。高松~窪川の準急足摺号運転開始。
***********************
【1966年3月5日改正】急行に格上げ。表記は漢字の「急行足摺」。
【1968年10月1日改正】名称をひらがなの「急行あしずり」に変更。系統整理で7往復に。
*****************************
【登場時:1990年11月21日】特急格上げ
・ ●運転区間:高知~中村  運転本数:下2・上1  使用車両:キハ181系
特急あしずり号・2000系貫通型【1992年7月23日改正】3往復に。
【1993年3月18日改正】全列車が2000系に。下2・上1に。
【 同年10月改正】下3、上2に。
【1997年10月1日改正】土佐くろしお鉄道宿毛線開業。一部、宿毛発着に。
【1998年3月14日改正】下4・上2に。
【 同年10月3日改正】下4・上1に。
【1999年3月13日改正】下5・上1に。
【2001年3月3日改正】上り列車を廃止、下5のみになる。
【2003年10月1日改正】宿毛への乗り入れを中止。上り4本減⇒あしずり1号のみに。
【2006年3月18日改正】号数表示を無くす。
【2008年3月15日改正】全車禁煙化。
【 同年10月18・19日イベント】キハ58系引退記念・「土佐」「あしずり」をリバイバル運転。
【2009年3月14日改正】高知~須崎に臨時特急あしずり51号を設定、定期列車にも号数表示再開。
【2010年3月13日改正】あしずり51号を廃止。
【2011年3月12日改正】エル特急の種別を廃止。上り(中村⇒高知)を設定。
・ 毎日運転の臨時特急として51号・54号を設定。下りは宿毛乗り入れ再開。
【2012年3月17日改正】系統整理により3往復増。⇒5往復(51/52号含む)に。(54号⇒52号)
・ 9号を「アンパンマン列車」で運転開始。
【2014年3月15日改正】系統整理。特急南風の運転系統分割により1往復増⇒6往復に。
・   下り2・上り1あった宿毛発着を上り1のみに。
【2019年3月16日改正】系統整理。特急南風の運転系統分割により2往復増、
・   宿毛発の上り1本が高松直通となり、特急しまんとに変更。⇒下り8・上り7。(宿毛発着は1往復に)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【大糸線】あずみのエコー◆ヘッドマーク!
  2. 寝台特急あかつき号◆トレインマーク&データ!
  3. 【観光快速】あめつち号◆トレインマーク
  4. 快速アクティー号◆トレインマーク
  5. 臨時特急旭山動物園号◆トレインマーク&データ!
  6. 【ジョイフルトレイン】彩野号◆トレインマーク!
  7. 寝台特急あけぼの号◆トレインマーク&データファイル!
  8. 寝台特急安芸号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 快速ムーンライトながらヘッドマーク
  2. スーパーライナーHM
  3. ユーロライナーのヘッドマーク

ピックアップ記事

PAGE TOP