急行アルプス号◆トレインマーク!

急行アルプス号の簡単な解説

◆ 新宿~信濃大町(下り)・長野(上り)を結んで2002年12月1日ダイヤ改正前まで夜行列車として活躍した急行アルプス号。末期は特急あずさ号と共通の183系を使用してかなり快適な急行列車ではあったが、長野新幹線の開通と夜行列車離れの流れにのまれて消えていった。

特筆すべき点は、最後までみどり湖経由の短絡線を使わず辰野経由で運転されたこと。さすがに下り列車の場合辰野到着は4時より前なので有効時間帯とは言い難いものの、1時間ほど待てば飯田線の始発列車に乗ることができた。

歴史的観点では「中央東線最初のネームドトレイン」であることも注目したい。前身の夜行列車(無名)は戦後わずか3年の1948年7月1日に登場し、さらに3年後の1951年4月15日には準急アルプスと命名。まさに中央東線のエースとして君臨した。二等・三等寝台を含む充実した客車編成だったが、スピードアップが求められたためキハ55系を投入してこのタイミングで急行格上げとなり、夜行1往復に加えて昼行3往復も設定された。1961年にはキハ58系を投入、1965年には165系電車投入とパワーアップし、最大11往復にまで勢力拡大したが、1966年12月にデビューした特急あずさに徐々に奪われていき、最後は夜行だけを運転する当初の姿に戻って終焉を迎えた。

スポンサーリンク

急行アルプス号のトレインマーク

この文字のみの「急行 アルプス」と書かれたトレインマークを使用していたのは、1986年11月から夜行列車のみとなった最終形。183・189系の表示幕の姿である。2002年12月で廃止となるまで16年間にわたって特急型車両を使用して甲州街道~信州とつづく夜の鉄路を静かに心地よいリズムを刻みながら走り続けた。

末期にはライトブルーとパープルのいわゆる「あずさ色」の車体が美しく、あとはヘッドマークにイラストが入っていたらもっと素敵だったろうに・・・と思っても後の祭り。最後まで見られずに終わってしまった。実際には書体は数パターンあった様で、ここでご紹介したタイプとは異なるものが資料で見受けられることがある。

 

急行アルプス(リバイバル)ヘッドマーク一方、165系時代は左右にめくるパタパタ・プレート式のヘッドマークだったようだ。将棋の駒を逆さにしたような形が現役時代のものと思われる。

ここでご紹介している逆台形のものは2008年にリバイバル運転したときのデザインをトレースしたもの。現役時代の使用実績があるのかどうかは不明。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新幹線あさま号◆トレインマーク&データ!
  2. 寝台特急安芸号◆トレインマーク&データ!
  3. 特急あい号◆トレインマーク
  4. お座敷列車あすかのヘッドマーク 【お座敷列車】あすか◆トレインマーク
  5. 特急あいづ号◆トレインマーク&データファイル!
  6. キハ181系特急あおば号HM 特急あおば号(在来線)◆トレインマーク&データ
  7. サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!
  8. 【ジョイフルトレイン】彩野号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. キハ58系用シーサイドライナーHM

ピックアップ記事

  1. 特急ときわ号・東京駅にて
  2. 特急あすか号のヘッドマーク
  3. 客車急行ちくま号テールマーク
PAGE TOP