TOWNとれいん~TOWNトレイン◆ヘッドマーク

TOWNトレインの簡単な解説

ccf20100401_00002◆1980年代半ば、全国的に「短編成」・「等時隔頻繁運転」(電車型ダイヤ)が広がっていく中で、余剰気味になっていた581・583系を近郊型車両へと改造した車両によって電車型ダイヤを実現した地区が東北・北陸・九州にあったのだが、その中で唯一「交直流」のままで運用されるべく419系という形式に改造されたのが北陸地区用。1985年から運用開始した。

この419系電車、および475系などを使用して金沢を中心とした広い区間でヘッドマークを掲げて走っていたのが、TOWNとれいん、後のTOWNトレインである。

デビュー当初は、身延線の電車と同様の「赤ボディーに白帯」というデザインだったが、1990年ごろには「白ボディーに水色帯」のデザインに変わって活躍した。

TOWNとれいんのトレインマーク

townとれいんHM419系が赤いボディーでデビューした当初は、中央に石川県のシンボル「能登半島」を図案化して、その上に虹がかかる、ファニーなイメージのヘッドマークが取り付けられていた。そして、画像の通り「とれいん」がひらがなになっている。

デザインの意図までは分からないが、金沢を中心に「北陸地域の架け橋になる電車」というイメージなのだろうか。いずれにしても、明るい色づかいややわらかいデザインは、ともすれば不恰好な食パン電車と呼ばれた切り妻型のお顔をソフトな印象にするのに一役買ったに違いない。

TOWNトレインのトレインマーク

townトレインHM正確な時期の詳細は調査中だが、1980年代末期のまだ419系の前期塗装だった頃にヘッドマークのデザインが一新された。

「とれいん」というひらがな書きから「トレイン」というカタカナ書きとなり、デザインそのものもファニーというよりカジュアルな印象に生まれ変わった。

画像のカラーはそのひとつで、他に黄色ベースに黄色の文字のものや黄色ベースに赤い文字のものなどもあったようだ。区別や時期についてはよく分かっていない部分もあるが、米原側のマークが青色ベースで直江津側のマークが黄色ベースだったようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 快速一村一山号◆トレインマーク&データファイル!
  2. ばんえつ物語HM SLばんえつ物語◆トレインマーク&データファイル!
  3. 【ジョイフルトレイン】ジパング◆トレインマーク!
  4. 【京王】ハイキング特急「陣馬」・「高尾」◆トレインマーク
  5. 快速マリンライナー(北海道)◆トレインマーク!
  6. くる来る電車ポプラSAPPORO◆トレインマーク!
  7. 特急たんば号◆トレインマーク!
  8. 【富良野線】マイタウン列車ラベンダー号◆愛称幕!

カテゴリー

  1. SL湯けむり号ヘッドマーク

ピックアップ記事

  1. 特急ダイナスター号の愛称幕
  2. 特急大雪号ヘッドマーク
PAGE TOP