か行

九州横断特急号◆トレインマーク&データ!

九州横断特急号の簡単な解説

九州横断特急キハ185系◆九州横断特急号。 別府~熊本を豊肥本線(阿蘇高原線)経由で結ぶ特急列車として、3往復運転。登場したのは2004年。九州新幹線が部分開業した際に、それまで走っていた特急あそ号と急行くまがわ号を系統統合・整理し、別府発着の列車を「九州横断特急」として、熊本発着の列車を「特急くまがわ号」として営業開始した。

走行距離(最長)は247.6kmで所要時間は5時間を越える。この、40㎞/h台という表定速度は特急列車としてはきわめて遅い。2016年3月26日ダイヤ改正までは肥薩線の人吉駅まで乗り入れていたが、すべて熊本駅発着に変更され、特急くまがわ号の廃止と合わせ、肥薩線から特急が姿を消すこととなった。代わって、普通列車のいさぶろう・しんぺい号が、熊本まで区間延長されている。

スポンサーリンク

◆九州横断特急号のトレインマーク

九州横断特急ロゴマーク 九州横断特急トレインマーク
・真っ黒な背景に白系の文字を使用するという、JR九州で一時期広がった統一的なトレインマークを採用している。しかし、フォントが隷書体のような、ちょっと変わった雰囲気のもので少々おもしろ味が感じられる。
・使用している車両はキハ185系という国鉄末期型の車両で、上手にエクステリアにスペシャル感を演出し、旧型車両を活かしているJR九州のスタンスは素直に嬉しい。それでもいつまで活躍するかは未知数なので国鉄型の味わいを楽しみたいなら今のうちだろう。

◆九州横断特急のお役立ちサイトご紹介

・ 【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。 ●キハ185系・九州横断特急/くまがわ

◆九州横断特急のデータファイル

【登場時:2004年3月13日】
●運転区間:別府~熊本・人吉  運転本数:4往復  使用車両:キハ185系
【2009年3月14日改正】全車禁煙化。
【2011年3月12日改正】特急くまがわ号を含めた系統整理。別府~人吉が下り1本・上り2本、別府~熊本が下り3本・上り2本になる。
【2012年7月13日災害】九州北部豪雨。当面の間は熊本~人吉での運行に。
【 同年9月3日部分復旧】豊後竹田~宮地間を残し運行再開。別府~豊後竹田を40番台の号数で、宮地~熊本・人吉を通常番台で運転。
【2013年8月4日】豊肥本線・被災不通区間の復旧・運転再開により、本来のダイヤに戻る
【2016年3月26日改正】特急くまがわ号廃止と同時に、肥薩線乗り入れ終了。全列車、別府~熊本となる。

【2016年4月14日災害】熊本地震の影響により、運休。

【2016年7月9日】阿蘇駅以東での運行再開。

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ジョイフルトレイン】ゴールデンエクスプレス・アストルのトレイン…
  2. 快速こがねふかひれ号◆トレインマーク&データ!
  3. かにカニはまかぜ号HM 臨時特急かにカニはまかぜ号◆トレインマーク
  4. 特急くまがわ・急行くまがわ号◆トレインマーク&データ!
  5. 和式客車くつろぎ号テールマーク 和式客車くつろぎ号◆トレインマーク!
  6. 現美新幹線◆フォト&データ
  7. 快速ムーンライト高知◆トレインマーク&データ!
  8. 急行(快速)狩勝号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

PAGE TOP