い~お

急行うわじま◆トレインマーク!

停車中の急行うわじま

急行うわじま号の簡単な解説

急行うわじまキハ58◆1990年に特急宇和海号が登場するまで、四国の屋台骨を支えていたと言っても過言ではない、伝統の急行列車。

徐々に特急格上げの波に呑み込まれていったが、夜行列車の設定があったり、9往復もの大所帯の時代があったりと、常に中心的な役割を担ってきた。急行いよ号とともに予讃本線を代表する列車だった。ヘッドマークは予讃本線のラインカラー「青」を半円状に塗った円形のもの。

※ このページの画像提供:谷澤良二様

スポンサーリンク

◆急行うわじま号のトレインマークとデータファイル

急行うわじま号トレインマーク

【登場前:1963年2月1日】高松~宇和島の準急列車に準急うわじま号という愛称を与えた。準急いよ号からの系統分離。
・ ●運転区間:  運転本数:3往復  使用車両:キハ58系
【1965年10月1日改正】2往復増発⇒5往復

**********************

【登場時:1966年3月5日】急行に格上げ。
【1968年10月1日改正】同区間の急行せと号を吸収統一し、9往復となり、うち1往復を夜行列車として設定。
【1975年3月10日改正】下り1本の高松~松山を区間廃止。
【1977年3月15日改正】うわじま1往復を特急格上げし、特急しおかぜ号増発。⇒8往復。
【1982年11月15日改正】1往復削減⇒うわじま号:6往復に。
【1986年11月1日改正】うわじま号を2往復を特急格上げ。⇒しおかぜ号増発・急行うわじま号は4往復に。
海岸を行く急行うわじま【1988年4月10日改正(瀬戸大橋線開業)】
夜行急行うわじま1号を全区間普通列車に格下げ。昼行のみの下り4、上り5とし、新居浜・松山~宇和島に短縮。
【1989年7月22日改正】1往復を特急しおかぜに格上げした上で岡山まで延長。
・ ⇒下り3、上り4に。
【1990年11月21日改正】全列車特急宇和海に昇格し、愛称消滅。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急いなば号・スーパーいなば号(智頭急行)◆トレインマーク�…
  2. 【お座敷電車】宴(うたげ)号◆トレインマーク!
  3. 寝台特急サンライズ出雲号◆トレインマーク
  4. Easti-E【イーストアイ-E】◆トレインマーク!
  5. 急行いすず号◆データファイル!
  6. 寝台特急いなば号テールマーク 寝台特急いなば号◆トレインマーク&データファイル!
  7. 急行雲仙号◆トレインマーク&データ!
  8. 特急ウィングエクスプレス・特急ウィング◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. キハ181系特急あおば号HM
  2. N700系
  3. 急行オリンピア号ヘッドマークHM

ピックアップ記事

  1. 急行能登号トレインマーク
PAGE TOP