な行

新幹線のぞみ号◆トレインマーク!

N700系

700系マーク・JR東海

新幹線のぞみ号の簡単な解説

n700a◆ 東京~博多間の東海道山陽新幹線の最上級列車として1992年から,ひかり号のさらに上に設定され、当初は300系を新規投入して運転され始めた新幹線のぞみ号。

設定当初は主要都市の多くを通過し、JR東海の本社がある名古屋さえも通過するノンストップ特急として話題になった。山陽新幹線区間では300km/hに達したのに対し、東海道新幹線内での最高速度は270km/hで据え置きとなってきたが、車両の高性能化に伴って、停車駅が増えながらも時間短縮が図られてきた。そしてついに、2015年3月14日改正において285km/hに向上させることが発表された。ただし、時間の短縮は数分にとどまる。現在の主力形式はN700系で、Aタイプが勢力を拡大しつつある。2011年から新たに設定された山陽九州直通新幹線のみずほ号と同じクラス設定となっている。

スポンサーリンク

◆新幹線のぞみ号のトレインマーク

N700系・Aタイプ改造車在来線と同様、新幹線のボディーサインも影文字やグラデーションなどを多用した、色々と凝ったデザインのものが増えてきた。その成果なのか、鉄道にさほど関心がない一般の方々でさえ「N700系」とか「0系」など、形式名で呼ぶ姿を見ることが多くなった。

N700系をさらに改良して作られたN700A系。ロゴマークもN700系のものをベースにしているが、「A」の文字を大きく際立たせていて、だれの目にもはっきりと区別できるようにしてある。N700系のロゴマークもそうだったが、グラデーションがとても美しく、バランスの良い輝きが感じられて、長く色あせにくいデザインだと思う。この車両は最高速度速度向上によるスピードアップではなく、走行状況ごとのベストパフォーマンスを発揮するという意味でのスピードアップを実現した車両とのことだ。つまり、最高速度はこれまで通りなのに「遅れを取り戻す能力」は飛躍的に向上した車両なのだ。

300lastrun 700-bs1

500-bs
・300系は「のぞみ」という新たな愛称のイメージリーダーとなり、時代を作り上げたという点で非常に大きな功績を遺した車両だ。同時に、食堂車が最初から設計されなかった点でも新幹線の新時代を象徴する車両だったと言えそうだ。その300系も、2012年に引退し、その直前にはブルーの帯に装飾がなされた。

500系は国内で初めて時速300キロでの営業運転を開始した特別な車両だが、円形に近い断面構造は窓際席の居住性におけるデメリットも多く、のぞみ号としては短命に終わってしまった。現在はこだま号として細々と活躍している。現在は以前の16両を8両に短編成化し、山陽新幹線区間内だけで走っている。カンセンジャーラッピングやプラレールカーといった企画でも人気を集めた。

◆新幹線のぞみ号の画像集

新幹線のぞみ号1 新幹線のぞみ号4
・現在のぞみ号として活躍しているのはほぼN700系・N700A。700系までがあっという間に下位の運用に就くようになるとは思いもしなかったが、すでに廃車になるものも出ており、数年のうちに大半がN700系に統一されるとみられている。
新幹線のぞみ号3
・初代のぞみ号車両だった300系も2012年3月16日のラストランをもって東海道・山陽新幹線から完全に引退しすべて廃車になった。500系は見た目のデザイン性においてこれ以上のものはないとある人たちが言うように、カッコイイという意味では最高の新幹線だったかもしれない。その人気ぶりは、500系を模したキャラクター「カンセンジャー」の登場に見ることができる。一方、円形の車両断面は窓側の席の居住性を著しく損なったため、利用客からは不評だった。早すぎる「のぞみ号からの引退」だった。

◆新幹線のぞみ号のデータファイル

【登場時:1992年3月14日】
●運転区間:東京~新大阪(2時間30分)  運転本数:2往復  使用車両:300系
・ *当初、名古屋を通過したことから「本社飛ばし」と呼ばれた。新幹線のぞみ号2
【1993年3月18日改正】
・  山陽新幹線で運転開始。毎時1本運転。所要時間は東京~博多(5時間4分)、新大阪~博多(2時間32分)。
【1997年3月22日改正】新大阪~博多間の1往復にて500系が運転開始(2時間17分)。国内で初めて300km/hでの営業運転を開始した。
【 同年 11月29日改正】500系が東海道新幹線にも乗り入れ開始。東京~博多(4時間49分)。
【1999年3月13日改正】700系が運転開始。
・  東京~新大阪(2時間30分)、新大阪~博多(2時間25分)、東京~博多(4時間57分)。
【2007年7月1日改正】N700系が運転開始。
【2008年3月15日改正】東海道新幹線内における停車パターンを完全に統一。東京~新大阪(2時間33分)。
【2009年3月14日改正】1時間あたりの最大運転本数を「東海道区間で9本」、「東海道・山陽直通で5本」に増発。
【2010年2月28日】定期の500系のぞみ号運用が終了。
【 同年 3月13日改正】東海道・山陽新幹線直通の定期のぞみ号を全てN700系に統一。
【2011年3月12日改正】自由席をすべて禁煙化。山陽内のみの定期のぞみ号が消滅。同時に山陽区間を走る定期のぞみ号は全列車N700系に。
【2012年3月16日】300系の最終列車運転。 定期のぞみ号がすべてN700系になる。
【2015年3月14日改正】東海道新幹線区間でも営業最高速度を285km/hに引き上げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急日光号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急能登かがり火◆トレインマーク&データファイル!
  3. 特急南風号◆トレインマーク!
  4. 臨時特急ヌプリ号◆トレインマーク&データ!
  5. 急行なよろ号・快速なよろ号◆トレインマーク!
  6. 急行のりくら号◆トレインマーク&データファイル!
  7. N700系 Super Express “NOZOMI̶…
  8. 急行ノサップ・快速ノサップ号◆トレインマーク&データ!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 臨時快速白虎ヘッドマーク

ピックアップ記事

  1. 特急すいごう号トレインマーク
  2. 特急うなづき号HM
PAGE TOP