な行

急行能登号◆トレインマーク&データ!

急行能登号トレインマーク

急行能登号の簡単な解説

急行能登号・トレインマーク

◆ 上野~金沢を結ぶ夜行急行列車として2010年3月まで寝台特急北陸号とともに定期運転されていた急行能登号だが、臨時列車に格下げ、約1年後には自然廃止の道をたどった。過去には特急白山号と同じルートで運転されていたが、1997年の長野新幹線開通に伴って信越本線の碓氷峠が分断されたため長岡回りのルートに変更された。

定期列車としての最終形は489系ボンネット型先頭車の編成で、東海道の特急こだま号を彷彿させるその姿の“最後の定期列車”だったことから高い人気を誇った。臨時化された後は485系の一般的な非貫通型先頭車の編成になったがわずかな活躍で終焉を迎えた。使用されていたボンネット型先頭車両クハ489-501は現在石川県小松市の土居原ボンネット広場にて保存・公開されている。

スポンサーリンク

◆急行能登号・トレインマーク

急行能登号トレインマーク e-noto-h
・2010年3月のダイヤ改正でついに定期列車ではなくなり、それと同時にボンネット型の489系に別れを告げ、臨時列車として485系に変更された急行能登。ヘッドマークの基本デザインこそ変化はないが、横長から長方形に変わったためデザインの配置に少々変更があり、色合いも少し変わったため印象が違って見える。その臨時急行能登もいつの間にか姿を消し、過去のものとなった。

◆急行能登号の画像集

急行能登号5 急行能登号2
上の画像は臨時列車化されてからの急行能登号。

急行能登号6 急行能登号4
・定期運転の列車として最後のボンネット型車両の列車だったので、かなり人気が高かった。しかも、EF63との協調運転ができるように作られた489系の連結器周りの特殊な姿も相まっての人気だったようだ。定期運転の終了と同時にこの車両の廃止が決まり、いずれ解体処分を待つしかないと思われていたが、石川県小松市「土居原ボンネット広場」でクハ489-501が静態保存された。もっとも、中間車両などはすでに廃車解体済みの模様。
急行能登号1急行能登号3
・この方向幕は客車で運転されていた時代のもの。

このページの画像提供:YOMPAQ様(無断使用お断り)

【次のページは】お役立ちサイト紹介&データファイル

ページ:

1

2

関連記事

  1. 新幹線なすの号・特急なすの号◆トレインマーク!
  2. 特急成田エクスプレス◆トレインマーク&データ!
  3. 急行中山道トレインが373系電車で走りました
  4. ついにラストラン!ニューなのはな号◆トレインマーク
  5. 急行なよろ号・快速なよろ号◆トレインマーク!
  6. 特急能登かがり火◆トレインマーク&データファイル!
  7. 特急南紀号・ワイドビュー南紀号◆トレインマーク!
  8. 臨時特急ヌプリ号◆トレインマーク&データ!

鉄道ファン 2017年 05月号 [雑誌]
価格:1129円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 特急ライラック号トレインマーク
PAGE TOP