特急あずさ号・スーパーあずさ号◆トレインマーク&データ!

 

特急あずさ号の簡単な解説

azusa3◆ 千葉・東京・新宿~松本・南小谷を結ぶ特急あずさ号 。 特急かいじ号と同系統列車として運用。以前はL特急として運転されていた。名前の由来は北アルプスのふもとを流れる、長野県を代表する川の一つ、梓川。ビジネス客だけでなく、多くの観光客、登山客、そしてスキー客などを乗せて関東と信州を結んできた。

ずっと以前から新宿発という点で特異な存在だったが、いつごろからか東京発・千葉発などの設定も見られるようになり、利便性が高まった。長い間、リニア中央新幹線計画がどのルートを採るのかが微妙な情勢で中央東線がやがていわゆる「並行在来線」という衰退化をたどることになるのか否かがわからなかったが、ついにリニア中央新幹線は南信地方の飯田付近を通るルートに決まり、中央東線が今まで通り重要な路線として確立できることになった。それに伴って、関東~北アルプス方面の高速化があらためて強く望まれるようになった。

 

E353系新型特急あずさのマーク

かねてから早期投入が待ち望まれてきたE353系新型特急車両だが、ついにデビューする日が発表された。2017/12/23がその日で、まずは4往復の運用につくことになっている。やがてこのE353系がE351系スーパーあずさだけでなくE257系あずさ号も置き換えることになると言われている。

振り子型車両だと思われがちだが、「空気ばね式車体傾斜」というシステムで、この方式により乗り心地が大きく向上する。傾斜角度は振り子型(5度)に及ばない1.5度であるが総合的な技術面の向上により、カーブでの通過速度はE351系と同等だそうだ。

インテリアの点でも多くの改善が見られる。例えば、普通車・グリーン車とも全座席に大型テーブルとコンセントを設置し、パソコンを使える環境を想定している。内装のカラーリングは、普通車が「南アルプスと梓川のきよらかさ」をイメージして青系のシートにグレーのデザイン。グリーン車は「機能性と高揚感、クラス感」をコンセプトとして印象的なブラック&レッドの組み合わせだ。

スポンサーリンク

◆特急あずさ号・スーパーあずさ号のトレインマーク

azusa-nazusa-bs
・赤と緑のダブルラインはグレードアップあずさと呼ばれるタイプのカラーリング。
スーパーあずさ号ロゴマーク
・トレインマークのデザインは北アルプスの山々と梓川(あずさがわ)。初期のイラスト・トレインマークに多く見られる「抽象的でありながら視覚にとらえやすい」デザインだ。L特急マークがついているのは国鉄時代から継続して使用されてきたもの。そして、「L」なしは2002年のL特急区別廃止(JR東日本)以降に置き換えられたのもだ。
・右のロゴマークはスーパーあずさ号のE351系に描かれたもの。前面のLED表示器によるデザインと共通した山の形だ。同様のマークは貫通型先頭車両の先端右寄りにも描かれている。

スポンサーリンク

◆臨時特急木曽あずさ

臨時特急木曽あずさのHM

 

これまでにはいろいろな派生列車があったが、中央西線に乗り入れる臨時特急木曽あずさは特に異色の存在だった。

 

 

◆臨時特急ウィングあずさ

特急ウィングあずさ号ヘッドマーク

ここでもうひとつご紹介したい派生列車はウィングあずさ。1991年3月21日に成田空港駅が開業したことに伴って、それまで千葉発着だった特急あずさの1往復を成田空港まで延長運転した多客期の臨時列車。1993年秋までの約2年半運転された。

考えようによっては、成田エクスプレスの河口湖発着列車に近い性格の列車と言えるかもしれない。

 

◆特急あずさ号・スーパーあずさ号の画像集

特急あずさ号183系azusa2

【国鉄型183系のカラーバリエーション】
特急あずさ号グレードアップ車

・さて、特急あずさ号の183系は、国鉄特急色の後に何度かリニューアルされ、外観も内装も変更されていった。外観の第1次変更では、ホワイトのボディーに赤と緑のラインという、いかにも信州らしいリンゴのイメージを意識した専用カラーで、可愛らしくよく似合っていた(右画像)。
・2度目のカラー変更では右上画像の、いわゆる長野色に準じたあずさカラーになった。水色と細いパープルは八ヶ岳や北アルプスの自然によく溶け込んでいた。カラーイメージはスーパーあずさにも受け継がれている。いずれのカラーリングでも専用車両だけあって「azusa」の文字が 明記されていた。

クハe257系100番代

 

・現在、主力として活躍しているのは、E257系特急電車。11両の長い編成は貫禄十分。「あずさ号」と「かいじ号」に使用される専用カラーの車両だ。信州の雪山沿いにも、新緑の中にもよく溶け込む爽やかなデザイン。清々しいホワイトをベースにしつつも、カラフルな四角い模様を斜めに配置したのは結構可愛らしく映るのではないだろうか。
・中央リニア線構想のルート設定で揺れる南アルプス~諏訪地方だったがルート構想から外れたことで新たな展開を見せることになりそうだ。現在ではスーパーあずさ号のE351系、E257系が主力となっているが、さらなる高速化のための車両として「E353系」量産先行車の試運転が始まっている。
特急スーパーあずさ号の付属編成
・トレインマークという観点では、2000年ごろの国鉄型車両の運用離脱以降、イラスト・トレインマークは定期列車から姿を消したが、LED表示器によるマークがいずれの車両にも採用されている。唯一の例外はE351系の貫通型先頭車両で、以前大糸線に入線する「付属編成」の先頭に立っていた車両だが、こちらはLED表示器ではなく、車両のデザインの一部ともいえるロゴマークが描かれている。ただし、大糸線への入線が行なわれなくなった現在では、前面に出るケースはほとんどない。(画像提供:kogane-turbo様)

【次のページは】お役立ちサイト紹介&データファイル

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 寝台特急あかつき号◆トレインマーク&データ!
  2. 或る列車のトレインマーク 或る列車◆トレインマーク!
  3. 特急あさま号(在来線)◆トレインマーク&データ!
  4. 【ジョイフルトレイン】アイランドエクスプレス四国(50系・初代)…
  5. 特急有明ヘッドマーク 特急有明号◆トレインマーク&データ!
  6. 特急ビバあいづ号◆トレインマーク&データ!
  7. 【ジョイフルトレイン】アイランドエクスプレスⅡ◆トレインマーク!…
  8. 特急ホームエクスプレス阿南号◆トレインマーク&データ!…

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急おおぞらキハ283系カーブ
  2. SL銀河号のヘッドマーク
  3. 特急とかち号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. リゾートしらかみ号ロゴマーク
PAGE TOP