さ行

新幹線リレー号(東北・上越)◆トレインマーク!

新幹線リレー号の簡単な解説

◆東北新幹線が開業した1982年6月23日から、未開業区間であった上野~大宮間をリレーする目的で設定された列車が新幹線リレー号。

2016年3月改正で登場したはこだてライナーが、今ではもっとも近いタイプの列車だろうか。とはいうものの、新幹線の乗客のみを対象にした専用列車というとなかなか同様の列車は見当たらない。というのも、未開業区間が首都圏側である例が他に見当たらないからだ。

◆新幹線リレー号のトレインマーク

新幹線リレー号のトレインマーク185系200番代を使用して設定されていた新幹線リレー号の前面表示は、イラスト・トレインマークなどの装飾ではなく、目的を端的に伝えるシンプルなものだった。

とはいえ、最下部のオレンジの帯に新幹線連絡専用と書かれている部分は、文字を読まなくともこの列車であることを利用者に印象付けたであろうと思うし、視覚的列車区別を容易にするものになったと思われる。

ちなみに、この頃に同じ185系200番代を用いて運転されていた列車としては、特急あかぎ特急白根特急谷川などがあり、中でも特急あかぎ号はヘッドマークこそ何度かの変更を受けたものの、30年以上にわたって同じ車両で活躍し続けた。

スポンサーリンク

◆新幹線リレー号の画像

新幹線リレー号
新幹線リレー号と115系
新幹線リレー号として活躍していた当時は185系200番代はグリーンの帯塗装だった。特急踊り子号に使用された0番代とはデザインにおいて好対照をなしており、「斬新な0番代」「正統派の200番代」というような印象を述べる人もいた。

列車は上野~大宮を25,6分で結び、新幹線利用者だけが利用できる運転形態となっていた。現在の同区間が速度制限があるため20分ほどの所要時間であり、乗り換えの手間を考慮しない「実質走行時間」だけで考えると思ったほど大きな差ではなかったようだ。

また、グリーン車は普通車扱いで、高齢者・身体障がい者・乳幼児連れの女性と、新幹線のグリーン券を所持している乗客の優先席とされ、シルバーカーと呼ばれていた。

◆新幹線リレー号のおすすめサイト

【国鉄特急列伝】様 ・・・・新幹線リレー号

◆新幹線リレー号のデータファイル

【登場時:1982年6月23日】
・ ●運転区間:上野~大宮  使用車両:185系・455系・457系・115系
【1982年11月15日改正】使用車両が185系のみとなる。
【1985年3月14日改正】新幹線上野開業により役目を終える。⇒廃止。

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新幹線さくら号◆トレインマーク&データ
  2. 快速しれとこ号・しれとこ摩周号◆トレインマーク!
  3. 急行砂丘・円形HM 急行砂丘◆トレインマーク&データ!
  4. 寝台特急瀬戸号トレインマーク 寝台特急瀬戸号・サンライズ瀬戸号◆トレインマーク&データ!
  5. 快速シーハイル上越号◆トレインマーク!
  6. 【近鉄特急】さくらライナー◆トレインマーク!
  7. 臨時特急しらはま号◆トレインマーク!
  8. 寝台特急出雲号・サンライズ出雲号◆トレインマーク&データ

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 阿佐海岸鉄道・お花見列車ヘッドマーク
  2. 特急スーパーおおぞら号のトレインマーク
  3. 客車急行ちくま号テールマーク
  4. 特急海幸山幸号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. 特急わかしお号ヘッドマーク
PAGE TOP