【路線デザイン】八戸線キハE130系のロゴマーク

・スポンサーリンク・
八戸線キハE130系のロゴマーク 路線別ロゴマーク

八戸線キハE130系

八戸線の簡単な解説

◆ 八戸線は青森県東部の八戸駅から岩手県北部のの久慈駅までの64.9kmを結ぶ路線で、JR東日本・盛岡支社管轄のローカル線。東北新幹線・新青森開業に際し、東北本線・八戸~青森間が第三セクターの青い森鉄道に移管され、JR東日本の在来線とはつながっていない孤立区間となっている。

これまで長きにわたって国鉄型気動車のキハ40形やキハ48形が活躍してきたが、2017年12月2日(土)に、新型気動車のキハE130系500番代が営業運転を開始、さらに2018/3/17ダイヤ改正で新型車両に車種統一された。ついに、非冷房車両がすべて置き換えられたことになる。同時に、青い森鉄道への乗り入れ直通列車も消滅した。

八戸線キハE130系500番代のロゴマーク

八戸線キハE130系のロゴマーク新型車両の投入に伴って、その側面に大きなロゴマークが貼られている。八戸線と言えば「うみねこ」。リゾートうみねこ号も、普通列車のうみねこ号もこの八戸線の列車。その深いつながりから、このデザインもうみねこを図案化したものとみてまず間違いないだろう。

車両は500番代を名乗っており、両運転台タイプのキハE130形6両と、片運転台のキハE131形(トイレ付)&キハE132形(トイレなし)6セットの合計18両を投入した。それらによって国鉄型車両の置き換えが完了し、八戸線のすべての普通列車にこのマークが付けられたことになる。

ちなみに、八戸線にはそのほかにも東北エモーションというレストラン列車が走っており、置き換えが完了しても結構バラエティーに富んだ路線であることは間違いない。

 

タイトルとURLをコピーしました