【路線デザイン】姫新線のロゴマーク!

・スポンサーリンク・
路線別ロゴマーク
姫新線キハ122系・キハ127系ロゴマーク

姫新線のキハ122系&キハ127系について

姫新線・キハ122系

◆ 姫新線はその名の通り、姫路~新見間を結ぶJR西日本の路線である。その中で姫路~上月間の高速化のために2009年に投入された車両がキハ122・127系だが、そのほとんどは佐用駅での折り返し運用となっている。

2連のキハ127系

急行みささ、急行みまさかが廃止されて以降すっかりローカル線ののんびり感が漂っていた姫新線にようやくスピードアップが実現した、念願の新車投入だった。ちなみに、単行車両がキハ122系、2両組の連結車両がキハ127系となっている。

車体のラインカラーは稲穂をイメージした黄色と赤とんぼをイメージしたオレンジ色をまとっている。車両はえちごトキめき鉄道のET122形と基本的に共通。実は同社の観光列車「雪月花」も派生車種だという。

画像提供:kogane-turbo

姫新線のキハ122系&キハ127系のロゴマーク

姫新線キハ122系・キハ127系ロゴマーク

垢抜けた斜体の「Kishin」の文字に、大きく目立つトンボのデザイン。ステンレス車体であるゆえに、ともすれば無機質で面白みのない車体がこのステッカーデザインでずいぶん温かみのある雰囲気になっている。

ところで、なぜ「赤とんぼ」なのかというと、童謡「赤とんぼ」の作詞者である三木露風さんが姫新線沿線の「たつの市」出身だからだそうだ。

素敵なロゴマーク・デザインだが、同路線を走るキハ120系などには貼られていない。

タイトルとURLをコピーしました