急行かすが◆トレインマーク&データ!

・スポンサーリンク・

急行かすが号の簡単な解説

◆関西本線、名古屋~湊町を結んで1949年から存在した準急が1966年に急行格上げされて以来、奈良以西が廃止されて区間短縮されたものの、2006年まで運転されていた。急行としては息の長い部類だったと言っていいだろう。元々、奈良地域は近鉄の方が圧倒的に強いエリアとなってきた。しかしながら近鉄特急の場合、名古屋発着の列車は奈良市より南方の大和八木は通るものの、奈良市内への直通列車は存在しなかった。設定さえあれば競争相手になったかもしれないが、さほど大きな需要が感じられなかったためか、結果的に急行かすが号が細々と走り続ける結果になった。

◆急行かすが号のトレインマーク

********現在、製作検討中*******

◆急行かすが号のお役立ちサイトご紹介

●【旅と鉄道】・・・急行かすが号の歴史を垣間見ることができる写真集サイト。おすすめです。 ●急行かすが

◆急行かすが号のデータファイル

【登場前:1958年11月1日】既存の準急列車(名古屋~湊町)を、かすが号と命名。
・  ●運転区間:名古屋~湊町  運転本数:3往復  使用車両:
【1963年10月1日改正】1往復の運転区間を短縮。名古屋~奈良に。

【登場時:1966年3月5日】急行格上げ。
・ ●運転区間:名古屋~湊町・奈良  運転本数:3往復  使用車両:キハ58系・キハ65形
【1968年10月1日改正】急行平安との併結開始(名古屋~柘植)。
・ 上り列車1本を除き、名古屋~奈良に短縮。
【1973年10月1日改正】運転区間を名古屋~奈良に統一。
【1982年5月17日改正】1往復廃止⇒2往復に。
【1985年3月14日改正】1往復廃止⇒1往復に。
【1999年12月8日改正】キハ75系気動車投入。
【2006年3月18日改正】廃止。

********************

◆急行かすが号のルーツ

客車準急として1949年6月から3往復運転されていた列車がルーツ。
1955年に1往復を気動車化したが、これが国鉄最初の気動車準急。
1956年7月にすべて気動車化。

タイトルとURLをコピーしました