路線別ロゴマーク

・スポンサーリンク・
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】陸羽東線~奥の細道湯けむりライン◆ロゴマーク

陸羽東線の簡単な解説 ◆ 東北本線・小牛田と奥羽本線・新庄を結ぶ陸羽東線は、松尾芭蕉の奥の細道ゆかりの地であることと共に数々の温泉地で知られることから「奥の細道湯けむりライン」の愛称で呼ばれている。ササニシキ、ひとめぼれを始めとするお米の...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】釜石線のロゴマーク!

釜石線の簡単な解説 ◆ 釜石線は東北本線の支線で、東北本線・花巻駅から東に向かって進み、遠野駅などを経て山田線・三陸鉄道との分岐駅である釜石駅までを結ぶ90.2kmの路線である。 愛称は「銀河ドリームライン釜石線」これは...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】姫新線のロゴマーク!

姫新線のキハ122系&キハ127系について ◆ 姫新線はその名の通り、姫路~新見間を結ぶJR西日本の路線である。その中で姫路~上月間の高速化のために2009年に投入された車両がキハ122・127系だが、そのほとんどは佐用駅での折り...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】八戸線キハE130系のロゴマーク

八戸線の簡単な解説 ◆ 八戸線は青森県東部の八戸駅から岩手県北部のの久慈駅までの64.9kmを結ぶ路線で、JR東日本・盛岡支社管轄のローカル線。東北新幹線・新青森開業に際し、東北本線・八戸~青森間が第三セクターの青い森鉄道に移管され、...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】左沢線(通称:フルーツライン)ロゴマーク!

左沢線とは ◆ 山形県の北山形駅と左沢駅(大江町)を結ぶ24.3kmのローカル線で、ほとんどの列車が北山形駅からさらに1.9km南に位置する山形駅発着。 キハ100系の中で独特のキハ101形を使用して営業している。この車両は両運転台...

【大糸線】あずみのエコー◆ヘッドマーク!

あずみのエコー号の簡単な解説 ◆ 1980年代半ばの国鉄末期、短い編成で高い頻度の運転というパターンを推し進めていた国鉄にあって、長野県・大糸線の電化区間(松本~信濃大町・南小谷)でもそのパターンに当てはめた列車を試みた。 ...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】日南線のロゴマーク!

日南線の簡単な解説 ◆ 日南線はJR九州の路線で、南宮崎駅と鹿児島県の志布志駅を結ぶ88.9km(営業キロ)の路線。その大半が宮崎県内であり、終点の志布志駅と一つ手前の大隅夏井駅だけが鹿児島県の駅である。志布志駅からは以前、大隅線と...

広島シティネットワーク◆ロゴマーク!

広島シティネットワークの簡単な解説 ◆広島シティネットワークは、JR西日本の広島都市圏・在来線に付した愛称で、2002年10月5日ダイヤ改正から使用されている。しかし、国鉄型車両の溜り場と揶揄されてきたことや速達列車の設定が限定的だったよ...
た行

中央特快◆ヘッドマーク&データ!

中央特快の簡単な解説 ◆ 中央本線:東京~高尾などを結ぶ特別快速。1967年7月3日登場のこの列車は国鉄初の「特別快速」としてデビュー。それ以来、現在に至るまで引き続き設定されている。中野~立川間で快速と停車駅に差異があり、国立、西国分寺...
路線別ロゴマーク

【路線デザイン】日高本線のロゴマーク~優駿浪漫~

日高本線の簡単な解説 ◆ 室蘭本線:苫小牧駅から南東方向、襟裳岬に向かって様似駅まで延びる146.5kmものローカル線。そして様似駅から襟裳岬を通って広尾に至るJRバス日勝線につながっているが、これは国鉄時代から変わらず続くリ...
・スポンサーリンク・
タイトルとURLをコピーしました