急行犬吠号◆トレインマーク!

急行犬吠号の簡単な解説

◆新宿・両国~銚子を結んで1982年11月15日改正で廃止されるまで活躍していた急行犬吠号。愛称の由来は銚子・犬吠埼。当初は気動車急行でその頃に最盛期を迎えたが、電化されると同時に特急化の波が全国に先駆けて押し寄せ、その後わずかな期間で廃止となった。そうして特急しおさい号が現在その路線の需要に応えている。ダイヤ設定や愛称設定が目まぐるしく変わる房総各線の急行としては珍しく同じ形態で長く存続した方である。

スポンサーリンク

◆急行犬吠号のトレインマーク

急行犬吠号ヘッドマーク・房総各線はこの独特の6角形状のトレインマークが使用され、その路線別に色分けされていた。このシンプルなデザインのほかに、漁船のイラストが端の方に添えられたデザインのトレインマークがあったようだ。

・同タイプのヘッドマークを装着していた急行としては、急行内房急行鹿島急行外房急行水郷などがあった。

◆急行犬吠号のデータファイル

【登場前】1958年7月10日に準急犬吠号(両国~銚子、キハ25形)を設定。
【 同年11月10日】愛称変更⇒準急房総号に。但し(犬吠)と列車名にカッコつきで記載。
【1962年10月1日】準急犬吠号の愛称復活。4往復に。
【1963年10月1日】2往復にグリーン車キロ28形を連結。
*****************************
【登場時:1966年3月5日】
・ ●運転区間:新宿・両国~銚子  運転本数:4往復  使用車両:キハ58系など
【1970年10月1日改正】この時点までに7往復に。すべてキハ58系に統一。
【1972年7月15日改正】急行水郷号との併結運転を解消。
【1975年3月10日改正】急行犬吠号を5往復特急化。⇒特急しおさい号。
・ 残る急行犬吠号2往復は153系・165系に置き換え。
【1982年11月15日改正】すべて特急しおさい号に格上げ。急行犬吠号を廃止。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急いしづち号◆トレインマーク&データ!
  2. 特急指宿のたまて箱号◆トレインマーク&データ!
  3. 特急おき号トレインマーク 特急おき号・スーパーおき号◆トレインマーク!
  4. 急行えびの号◆トレインマーク!
  5. オランダ村特急◆トレインマーク&データファイル!
  6. おいこっとのロゴマーク 【観光快速】おいこっと(OYKOT)◆ヘッドマーク
  7. 急行内房・急行うち房号◆トレインマーク!
  8. 快速エアポート号◆トレインマーク!~新千歳空港駅直通化&複線化へ…

カテゴリー

Twitter でフォロー

特急わかしお号ヘッドマーク
  1. 羽越本線観光列車「海里」ロゴマーク
  2. あきたクルーズ号マーク

ピックアップ記事

  1. 知床峠手前から望むオホーツク海
  2. N700系
PAGE TOP